のぶニャがの野望

  • 俺のスコ鶴は永遠 俺のスコ鶴
    このブログは
    珍スコ鶴及び稀鍋島を
    こよなく愛しています

コメントはこちらから

  • web拍手で代用しています

応援中(てか萌えた奴ら)

カテゴリー「【声ヲタ】BLCD・乙女」の636件の投稿

2017年6月20日 (火)

【BLCD】かんけーしの新作ろくなもんがなくてしにたい

玉響を聴いた段階では別にたいしたことねえよコイツ喘ぎ掠れてんじゃんwww

とかほざいていたのはおれさまです。この人のために買うことはないだろうなとも思っていたのに

今ではどぶの新キャラにかんけーし下さいと真顔でほざくくらいには厨なおれさま

特にきっかけがあったわけではないんですが、枚数こなして少しずつ印象が上がっていった感

それに玉響の頃はまだ今ほどキャストがやばくなるとか思ってなかったんだわ…

今のBLCD常連で器用かつ可愛い若手を探すとかんけーしと内田弟くらいじゃないですか;;

そりゃ望みをかけたくなる訳ですよ。とりあえず地雷じゃなきゃなんでも買うよかかって来い!

にもかかわらず!最近は聴く前から分かってるそびえたつクソ円盤にばかり起用されてるんですが;

秋山くんはまず無理、だいさく厨なおれさまがだいさくで乗り切れなかった話を

かんけーしにチェンジしたって多分それは無理だ><話自体がクソなの知ってしまってるし

ていうかクソ以前に萌えなかった話をもう1枚買うってのがそもそも選択肢としてありえない

で、久しぶりのかんけーし攻めがクソオブクソ「春風のエトランゼ」…もうやめて頼む無理!

海辺のエトランゼは発売日に買って長らく積んでいたものを少し前に聴きまして

辺鄙な小島で受け受けしいお二人様の心洗われるピュアラブストーリー、ぽい事が書いてあった

…もう誇大広告甚だしいんだこれが!まあ円盤部分は分からなくもない

攻めのかんけーしは確かに可愛かった。だが受けがクズ野郎過ぎてどうしようもない

別にガチ犯罪者やDVなどではない、むしろ相手に対しその手の情熱がある野郎は嫌いじゃない

無気力、僻みっぽい、自活できない、包容力ゼロ…優しいだけの長所など速攻かき消される

つうかこれを受けと表記して良いもんなのかね、単に攻めたがらない意気地なしってだけやで

かんけーしが自分年下だし野郎の経験ないから下でいいっつってんのによ?

どっちも挿入れたがらないインポカップリングを百合と表現するのはやめたまえ!

このどっちつかずな有様をピュアとか言ってごまかすのも無理。お前ら本気で相手のこと好きなんか

この話は円盤で終わっていたらまだ被害の延焼は軽微(CD付書籍)で済んだのですが

続編の春風のエトランゼさん、女とガキが出張り倒す紛れもないクソ話に確変しています

そして受けのクズさもグレードアップ。実家につれてきた攻めのスペックの高さに比べて

自分は実家住まいで売れない小説家でどうしようもないなどと年下相手にグズグズグチグチ

心が洗われるどころか澱むわイライラする。年上ならそんなときこそ笑ってナンボやろうが!

極め付けに攻められないトラウマらしき誘い受けがチラチラチラチラうっざマジウッザいわこの話

健気な攻めと男前女が取り合うにはあまりにも受けのスペック低すぎなんですけど!

たいしたことないやおい話をダラダラダラダラ続けるの最近流行ってるの?

一次でこういうことやってもキャラが立ってないからおもんないねんとっとと終わらせろ

つかしょうもない話でこれ以上かんけーしの喉を酷使させるのやめてくんない?

ああもう暴君と言いムービックはバカなのかな?つまんねえ続編ばっか出すな売れてんのかそれ

他にも未完の続編ばかり出してますが、そんな暇があれば完結作の続編出せよ

キャッスルマンゴーとか東京心中とかチンタラしてるから隆ちゃん本格的にBL引退しちゃったろうが

BLは1巻完結円盤1枚が至高。ダラダラ続けて間を持たせる話は基本的に好きじゃないです

とにかくもうせっかくのかんけーし新規の一枚があのクソ話だと知ったときの落胆ときたら!

未完しかも複数巻跨ぐ作品を円盤にする習慣は今すぐ滅んでもらいたいつか滅べ!

ぶっちゃけ出来上がってからのアレコレに全く興味ない、そういうのは二次でやってよ><

まあ何とかエトランゼに関してはそれ以前の問題なんだけど ※個人の感想です

純ロマが長いのには功罪あると思うし、最初のほうはキャッチーな萌えがあったと思うので

最近のうんこ作品群と一緒にはしたくありませんが、それでも持て囃してダラダラ延ばすのやめろ!

モンチッチとかもう息してないだろ、いい加減開放してやれ将来的な可能性を摘むな

一話完結で萌える話山ほどあるやろうが、いっそ3巻以上続く作品は全部滅んでいいです

かんけーしの話か何とかエトランゼがムカつくって話か続編滅べって話か分からなくなってきましたわ

ああ忘れていましたがスピンオフでなんか出てましたっけ凪良テンテーの…

あの方の話も何作か聞いてちょっと苦手方面なので2枚組とか手を出すのは無理ゲなんだわ

過去作に生きろって事か、まだ聴いてないの何作かあるしちょっと早いが漁ろうか

既聴は玉響のほかには嘘つき溺愛ダーリンとすみれびよりですが、これはもう、神w

あます所無くかんけーしが可愛い。このおれがおまえなんとかは積んでますがどうなんでしょうねえ

あぁあっちゃんも可愛かったけども、アレはいろいろ重たいので何度も聴くもんでもないしなあ^^;

かんけーしの可愛い受けが無理ならどぶの刀剣男士にください(ループ

2017年6月12日 (月)

【BLCD】新作円盤がないので予習とか過去作とか【6月】

6月は一応何作か出てはいるようですが、おれさまが欲しいのが無いって意味です悪しからず

当然暇なので、予約している新作の予習をしようかと原作本を買ってみました

基本原作未読で臨むのが好きなのですが、それだと傷が深まる場合がある事を最近知りまして

あくまで「コレはいきなり聴くとやばそう」な物件に限って予習をしておくことに決めました

判断材料は原作者の作風とか過去作の地雷加減だとか掴みがそそらなさ過ぎとか色々ですが

それで済むならそもそも手を出さないわけですから、それでも乗り切りたい理由が当然あります

おれさまは声ヲタです!だったらアニメ見とけってなりますが皆まで言わすなって話ですわ

新作はもちろん新品購入、故にクソなものだとキャストだけでは乗り切れないコストの悪さなので

楽しみだから読むではなく、つまらんかったら好きキャストでも買わない!要するに地雷避けです

今回標的として選んだのは2冊

はらだ「にいちゃん」 および ためこう「なつめくんはなんでもしってる」(敬称略)

どちらもコレはいきなり聴くとやばそうな案件事由を複数含んでいるおれさま地雷作品(予想)です

しかもなつめくん、はすでに予約済み。尼で試し読みしたら続きが気になりましたの巻です

ちなみに予約した時ためこうテンテーは地雷でもなんでもなかったので早まった感があります

はらだテンテーにいたっては今更。円盤出る前から作風はさもありなんなクズの饗宴

勝手に出せば良いけど毎回おれさまの好き声優使わないで欲しいとまで思っている最強地雷

絵はエロくて良いんだけどねえ…毎回毎回円盤買うごとに次は絶対無理!と決意させられる

にもかかわらず買ってしまうのは、その都度気になってる中の人を使われる悲しいループなのだよ…

今回の「にいちゃん」もさあ、わがしやはまあどうでもいいけど(一応初攻めということにはなるが)

攻めが!お前裏乙女専用機じゃなかったん茶介!な人なわけですよ

そりゃもう気にならないわけがないでしょう><すっげえポチりたいポチりたい!でも2枚組!!

そして次は絶対にスルーすると決めていたはらだ原作…まあしょうがない予習しようになるわけだ

で、読んだ感想ですがコレわりとイケるwキャラは相変わらずのクズ乱舞

はらだテンテーはいろんなクズがお好きなのか作品によってクズのバリエーションが違いますが

今回攻めのクズっぷりはむしろ萌えるかも。腹黒駄目なんですがヘタレな攻めは大好物です

受けとか脇の女の子も健気かと思えば普通にクズなのがらしいっちゃあらしいw

そこ変えるのは原作者の作風から駄目でしょうから、別の意味でもギリギリのラインかな

はらだ作品って今まで訳分からんコイツらアホやろって流れが個人的に苦手だったのですが、

今作品は恐ろしいほどの予定調和。リバも無理やり感が無くああそうなるやろという自然な導入

最後の最後まで予想通りの展開に首をひねる始末。いろいろらしくなさを感じましたが、

個人的にはむしろ喜ばしく。それとも紙で読めば本来こういう分かりやすい部類だったのかな?

今までのはだら円盤からは意味不明な電波しか受信できなかったんですが、

これはおれさまのアンテナが脆弱だったせいか、それとも演出の力量のせいか…謎が深まる

結構萌えた話でしたが、そうなると急に不安になるのが今回発表済みのキャスト

攻めの茶介が今回BL初挑戦でこんな難しい役できるの?これリバやで?

しかも弾みで一回入れ替わったとかではなく、思いっきりボブゲにおける同軸リバ…

野郎同士の恋愛想像できないからホモ難しいとか言っちゃう人が初っ端挑戦できる役なのか?

まあねえ最近の棒若手をいきなり放り込まれるよりは良いんだけどさ

茶介の頃からこの人独特の変な節と棒っぷりが気にならないわけではなかったんだよねえ

でさあ、受けもこれわがしや?読んでる最中ずっと脳内で村瀬歩の声がしてんですけど…

鯰尾の声でやられてもちょっとなぁ萌えないわ、どう考えてもお小夜だろコレ

でもまあツマミ的に一応攻めてはいるので、これを機にわがしやが田丸先輩を抱く気になれば!

最近の公式餌はみかつる全盛かもしれませんが、おれさまつるいち諦めてない!

てことでかなりにいちゃんで尺取ったのでなつめくんはちょろりと、ててかあまり書くこともない

泥中なんとかがそびえたつクソだったのですが、なつめくんはちょっとしたクソってくらいでまあ読めた

でもなあ前の作品も別作品の既視感ありましたが今回もオリジナリティゼロといった印象

一応幼なじみと言うありがち属性ですからそこは仕方が無いんですけれども…

絵で魅せると言ったところではらだテンテーやおげれつテンテーほどのクオリティではないわけで;

攻めの信長はもうちょっと人の話を聴かない危ないガチストーカーだったほうが

壁打ちが目立たずよかったかもね、とりま可愛い内田弟を堪能できそうな内容ではある

小さな恋のメロディに掴みからキャラ造形から似ているので、攻めが大宙で再生されました

そんなわけで一応両方ポチって来ました。詳しい内容はCD感想で記載する予定は未定^^

過去作は久しぶりに豚汁のまとめ買いを利用して、最近から大昔まで10枚ほど仕入れました

いちいち速攻聴くようなものでもないので積んでいますが、真空融接2は聴く予定

戯れで買った君パラのサントラが良い出来すぎて困っています。夢の国の特典もほしいなあ

こちらはものすごいプレミアついてるし出物自体が無いので困っています;;

2017年6月 2日 (金)

【BLCD】やる気がない時はとりあえず新作をリピート

どぶのイベントもお花のガチャも全くやる気にならないおれさまですこんにちは

活撃の絵が出るたびに堀川と薬研のキモさに耐えられそうにないという、まあ見るつもりないけども

何であんなにキモいんだろ?絵柄が好きとか嫌いとかいう話でない事は確かだが理由が分からない

花クソの情報が出たときは、全くそそらない絵柄ではあったけれどもキモいとは思わなかった

無害って大事、萌えなくても萎えなければそれで良い。おれさまは減点法で採点する人間です

まあそれでも7話で盛大に萎えたから同じだけど!まあそれさえ見なきゃ良いって話ですが

役員会の議事録は作り終わって、暇な休日ではあるのに花クソは相変わらず2巻で止まっている

こんなときはホモ円盤を聴くしかない!ということで先日買ったCDのリピ開始

まずは「三角オペラ」、意味分からなくて笑い転げた最後の締めシーンですが

このまま分からなければ原作を買おうと思ったくらいではありますが、2度目を聴くと

相変わらず1回だけではかなりいい加減な感想になるんだなという、特にファックの回数とか

前に書いた回数は4回くらい?でしたが回数だけならコレもっと多いがな、ただ

内容がブツ切れててコレあんま意味ねえじゃんってのはおれさま的に無かった事になるらしく

お坊ちゃんも結構非道な事してるのにそれについては流している自分に気付く

いっそコイツいらんからクズと真実の愛を育んでハッピーになってくれれば良いのにとすら思った;

で、唐突な平手打ちからの流れですが。何度も黙ってレイプされても拒まなかったのは

お前たちへの愛ゆえなのに信じられないのか!みたいな流れでキレてたんかしら?と

だから叩いた後、超積極的になってこれぞ3P!みたいな有様になっとるんかもね

好かれてると思ってなかったから身を退くつもりだったけど、告白してもらってめっちゃ嬉しいのに

逃げたとか放り出すとか何言ってんの?なめんなヤるに決まってるやろ!ってところですか

とりあえず納得はしましたので原作を買うまではない。そこまでの萌えはありませんでした

萌えたといえば「最悪な男」ですが、これについては原作が無いので残念。とはいうものの

原作あってもこれ紙で読んで萌えるかどうか…たいした捻りも無くそれこそブツ切り場面転換で

ヤってるだけですぜ^^;一昔前のボブゲにありそうな超展開最後にピュアラブなオチって言う

「スーツを脱いだあと…」みたいな感じ?両片思いがオフィスラブで温泉やっそんとかさあ

あのゲームでクソだった突込みどころ満載の設定が無いので聴きやすいしな^^

ああそうそうラスト1枚「ネオンサインアンバー」ですが、おげれつテンテーのお話って

毎回毒にも薬にもならない印象ですが、アレだけ絵が達者でお話空気なら

それこそ萎えなきゃ絵で脳内補完可能!そりゃ人気出るわなって感じですが…

個人的には掴みがいまひとつで薄いので、どれも萌えまで行かない倉橋テンテーゾーンかも

攻めが毎回サイコなクソ話を好き声優で連発してくるあの方よりは俄然買いやすいのですが

物足りないのも事実なのでどれもコレもリピまではいかないんだよなあ、今回も然り

三角みたいに1回では理解できない何かがあればまだネクストチャレンジ!になるんですがね

ああヨシキくんの喘ぎですが、触られてニャンニャンするところは可愛くて

これは本番ではやれる子かも!とかなり期待値大きくなりましたが、いざ挿入られると

凄まじい汚声…::コレは受けがやんちゃだからとかいう簡単な問題じゃ無さそう

むしろ愛の裁きで出てきたような、知的で静かな美人さんであの喘ぎ食らったら即死じゃない?

属性によって喘ぎ変えられる人って、若手では内田弟くらいな気がするしさあ

そうそう雄馬ちゃんの愛称は個人的に内田弟の方がしっくり来ます^^

姉貴のほうは少し昔に誰だよお前、でネタにしたくらいですが

女性声優で認識できてるって事自体がおれさまとしてはレアいので

ていうか一応姉のサイン色紙に応募した体にはなってるのよネタ100%だったけどさ

まあアニメ見ないし最近ゲームも男向けはエロしかやらないから、姉貴がどんな声してるかは

相変わらず分からないんですけれどね。一応姉の方が早くに名前を知ったせいか

内田姉と雄馬ちゃんにはならないっていうお話でした

女性声優で声覚えてるのなんて、艦これの「弱すぎる!」←お前がな!の人と北上さんと

あとコロンビアさん(あきぐも?だっけそこらへん)くらいだからしょうがないしょうがない><

なんと6月は何も買うものがありません!このままやる気にならない日々が続くと危険だわ

気持ちがささくれるとリアルで余裕がなくなってしまうのでまずい、何処かで潤いを補給せねば…

2017年5月28日 (日)

【BLCD】最悪な男 誠一郎くんの喘ぎが確変

えー、この一週間で「三角オペラ」、「ネオンサインアンバー」、「最悪な男」の3枚聴きましたが

不覚にも一番萌えたのが「最悪な男」です。萌えどころはスカな分かりやすい話と受けの喘ぎ

ちなみにオリジナルなのでクレジット脚本の方のみで原作は無し

お話的には両片思いの初恋同士が強烈にすれ違う(受け視点)一昔前過ぎるドテンプレ

ただ攻めモノローグが一切ないため、最後の攻めが何もかもベラベラぶっちゃけるっていうのが

オリジナル脚本らしい稚拙さ。おれさま風呂敷回収は状況描写と最低限のフラグだけ立てて

ある程度読み手の想像に任せて欲しい人なので、そこが惜しいところです

とはいえ設定自体は健気に気持ちを隠している受けが攻めに脅され好き放題されるっていう

おれさま大好きシチュでした。しかもコレもオリジナルなせいかひたすらヤッてるだけ!

余計なトラウマごちゃごちゃ混ぜて聞き苦しいシーン作るくらいなら潔くヤられとけ!っていう

温泉宿で同衾レイプから始まって一応一通りプレイして両想い〆やっそん

そして最後に分かりやすいお約束のオチがあってハッピーエンドという素晴らしい1枚です!

スカスカなどといってはいけない王道大事よ。しかしここで重要になってくるのが受けの喘ぎです

先日聴いた「君は僕のいいなり」だっけ?掴みは超お約束で大変萌えたのですが、

終始ヤってるだけの話で双方の喘ぎが壊滅的という泣くに泣けない凄惨さでした

今回「最悪な男」は、攻め(@まっひー)は良いんですよ何ひとつ心配してない問題ない

懸念材料は受け(@誠一郎くん)の喘ぎなんですな、どう見ても薬研にしか見えない受け

しかも花丸薬研丸出しの声色で美人には到底聴こえないんですが…

特に最初に攻めに襲われてイヤだ辞めて勘弁してってところが素晴らしかったです!

好きでたまらない攻めに気持ちがすれ違うままヤラれるシーンなのですが、

よくあるファンタジーのごとく抱いてくれるだけで幸せなんてミラクルは起こらないわけです

受けはそれなりに経験値が高くセフレまでいるビッチゆえに、汚れてる自分を見られるのイヤだ

そしてそういう痴態をさんざん好きな彼に言葉攻めされて身も世もないという

泣き喘ぎまではいってないんですが、身体より心が壊れる!ていう様がよく出ていました^^

ゆえに両想いやっそんのほうは格闘に戻っちゃって気持ちよく無さそうなのがいまひとつでしたが

無理やりヤラられてる時の喘ぎがもうたまらんですわwこの円盤最大の聴き所です!

攻めのほうは一昔前のハゲ海さんがハナクソほじりながらやってそうなチャラ男なので

特に書く事は無いですが、三角オペラのまっひーとくらべると落差が面白いので

聴き比べるといいかもしれない^^誠一郎くんはモノローグや一部演技は結構クソ棒ですが

もう赤文字がすべてなんでそれだけでヘビロテ必至。あそこだけで飯3杯は喰えるwww

前回は梶様に聴こえましたが今回の節回しはちょっとしもんぬっぽかったかな

アニメイト特典では歯磨きというニッチなシチュエーションでしたがそこの喘ぎも可愛かったですよ

今回変に奇を衒っていない判りやすい脚本と、聴き所がはっきりしているので

属性と中の人がお気に入りならさりげなく神な1枚ですね。おれさまはきっと何度でも聴ける^^

余談:薬研的なイメージとして三角オペラの方がおれさまの脳内的には近いんですが

今回のがまんま花丸薬研であの顔なので、二次的にはこちらの方が近いでしょうね

2017年5月25日 (木)

【BLCD】三角オペラ(後) 薬研のオラ喘ぎがうるさすぎる

一度通しで感想をあげてみましたが、やはり巻物過ぎておれさまが読みにくい!というわけで

ふたつに割りましたフィーくん発冥花すゐ原作三角オペラ。あらすじからはじめて物語は佳境

ヤンデレとクズが二人して好きだと自覚した瞬間、姿を消した先生ですが尺の都合は冷酷です

お互い感傷的になりつつも速攻月日が経ってさあ卒業式。先生彼らを一目だけでもーなノリで

陰で見つめるつもりが速攻見つかって告白合戦。そしていかに自分たちが切なかったかを

朗々と語るアホどもにたいし、さすがにブチぎれて両方を平手でぶっ叩きます

「君たちはあんなことを私にしておいて!」…ってキレるの遅くね?てか今更?で笑ってると

「来なさい」と言って暗転、なんだなんだ卒業記念にピンサロにでも連れて行ってくれんの?

などと思ってるとといきなりやっそんしはじめたわコイツら!ああそうでしょうよコレBLだったわwwww

わっかんねえよ何で平手で殴ったあとにそうなんの?さすがにファンタジー過ぎんわソレ

3Pは序盤と締めで2回ほどありますが、どれもコレも連結はしてないんよね、枝分かれ?

片方が挿入れて片方がちんしゃぶそして受けは喘ぐだけなにこれ素晴らしい!

連結だとまっひーの素晴らしい受け喘ぎが聴けないから、3Pとはかくあるべしですな!

しっかしその可愛い喘ぎが終始薬研声の誠一郎くんの攻め喘ぎにかき消されるのはどうなの?

受けが千葉進のごとくの大音量ならアレも聴き応えがあるんだけどなあ大沢事務所!

まっひーの受け喘ぎ可愛いけれどもあまり大音量ではないんだよ、ちょっとそこ聴こえないから

音量絞ってちょうだい!せめて傍らのシュガーちゃんくらい控えめにしてくれないかしら(おこ)

まあ中澤の壁打ちに比べれば息はあってたし悪くはない、ただ薬研にしか聴こえねぇのがなぁ…

一人称「僕」がおふざけにしか聴こえないんだよ裏では俺っちって言ってんじゃねえのかってね

シュガーちゃんのヤンデレはクラウス様もそうだったんですが、どうも壊れっぷりが琴線に来ないなあ

サイコキチに重点を置いた壊れ方なのかな。バイオレンスに重点を置いて振り切れるほど大声で

なりふり構わず喚き散らす壊れ方ではないんだよなあ…これおれさま大好きなのに><

まあこんな感じで結構頻繁にファンタジーが発動するので、重そうな宣伝文句を想像すると

実際聴いたとき色々笑える事請け合いです。本人たち大真面目なのがまたイイ!

やっそんは最初にクズと先生それから3P、そして坊ちゃんと先生(未遂)そしてまた3Pくらいかな

最終的に先生をシェアすることで落ち着いたようですが。攻め二人が和解しあう事は無さそう

ただお互いを追い落とせる手段はそれぞれ持ってそうなんだけど、それを使う気配が無いのは

結局シェア状態が居心地がいいんだろうな^^特に坊ちゃんは先生だけに入れ込むと

失うもの多そうだし。クズは好きにやれそうだけど、一人に入れ込むのはかっこ悪いとか思ってそうだ

攻め二人は最終的に先生にベタ惚れになるので、特にクズの変わり様が可愛らしいのですが

受けのほうはずっと淡白なままだし、バックボーンの描写が少ないのでちょっと萌え切れない

明らかに特異な性格をなさっているクズと先生は特に、過去のアレコレで幅を広げて欲しかったわ

まあ尺の問題もあるんだろうし、今回は3Pならではのファンタジーを堪能しましょうってことでひとつ

まっひーは亀甲さんよりずっとあっさりぎみの欠落淡白な美人声(に見せ掛けた貧乏声)

誠一郎くんはちょっとヤンキー入ってる薬研、シュガーちゃんの方がまっひーより美人声風味でした

クズと坊ちゃんの一人称はわざとああなんだろうけれども逆でいいんじゃないかねえ…

それだとまんま薬研と燭台切になるのでそれは避けたほうが賢明だったのかもな、うーん

ああそうそう、誠一郎くんの声色たまに梶様に聴こえる時があったんだけど耳腐ってるんかな?

2017年5月24日 (水)

【BLCD】三角オペラ(前) 受けが淡白すぎるのが物足りない

フィーくんが特典トークCD(愛の蜜に酔え)と一緒に送ってきました三角オペラを聴いてみました

爛れた3Pメリバですが程よくファンタジーが発動しているので胸糞な出来ではないのが救い

ただ無気力受けの根っこ部分が萌える形で描かれていないので感情移入度は低め

何をされても喘ぐだけで掴みどころのない受けに萌えるのは難しかったです。以下あらすじ突っ込み

物静かな音楽担当の先生(@まっひー)は感情の起伏が乏しく授業内容もそれに順ずるため

音楽という分野では甚だ生徒から浮き気味。面と向かって「授業つまらん」と言われる始末

(コルダの志水くん的な、技術だけ高くて機械みたいと言われることに軽いトラウマを抱えています)

しかしそんな先生の授業に救われている子もいまして、家の柵に囚われて息苦しい思いをしながら

それに相応しい自分であろうと頑張っているお坊ちゃん(@シュガー)は先生の授業が大好き

先生の美しい旋律に心が洗われる、先生は俺の救いの神!な感情を胸に秘めています

そして先生も彼に生徒以上の感情を抱いていて、ピュアい想いを日記にしたためたりしています

…と、ここまでで終わってくれればお互いの開いた穴を埋めあうピュアラブハッピーなんでしょうが

この作品「三角オペラ」ですから、この2人の関係を邪魔する不届きものがいるわけですよ

相手の不利な情報を掴んだ挙句そのネタで脅して絡め取る蛇のようなクズ(@誠一郎くん)

彼の場合も歪んだ根っこがはっきりしないのが消化不良なんですがそこはまあ置いておきます

クズ的にはそりゃもうお坊ちゃんがまず気に入らないわけですよ、上層と下層って奴です

それから毎回フケているつまらない授業についてああだこうだ構ってくる先生も以下同文

どう挑発しても語気を荒げず綺麗ごとばかり言ってくる先生、そりゃ汚したくなるってもんですわw

クズは情報屋ですからあらゆる手を使って情報収集、そして屋探しでピュアい日記帳発見

先生いわく「僕がゲイなのは知られても良いけどお坊ちゃんの事は伏せといて」

そりゃもうクズが大っ嫌いな超絶綺麗事ですよ。黙っててやるから毎日やっそんやで?

当然そうなりますよBLファンタジーですから^^やがてお坊ちゃんにも知られてわざわざ見せ付けるクズ

先生は目隠しされていて想い人に見られてるの分かりません、ただ言いなりで喘いでるだけ

でもお坊ちゃんも暗い部分を抱えているので、綺麗な先生がこんなビッチだったなんて!で

なぜか先生にちんしゃぶ開始で良い感じにヤンデレ覚醒。何故ってBLファンタジーだから!

基本3Pものだしヤンデレ天国BLみたいですが、お坊ちゃんが壊れた過程はより詳細ですし

元々壊れてるクズが先生なんか嫌いって言うたびに深まっていく愛憎みたいなものが感じ取れて

ありきたりな流れですが納得できる描写ではあるので結構聴き入ってしまっていました

真面目からヤンデレるお坊ちゃんと、クズが知る真実の愛をお手軽に両方味わえます^^

この作品の受けは無気力でゲイという事位しか確固たるパーソナリティが存在しない造形ですが

教師である、人に音楽の楽しさを教えるという使命感に囚われている側面があります

ただ性根がそれに向いてなさ過ぎるのか、いくら教師として接しようと相手にそれが伝わらない

そんな環境に淡白ながらも焦っていたようで、やがて退職という形で彼らの前から姿を消します

…すいません毎度のごとく長くなりましたので

笑えるクライマックスからの雑感およびお声のアレコレは次に回します

2017年5月19日 (金)

【BLCD】中指をやったので絵が描けない

あっちゃん塗ってましたが中指をやってしまったので(またか)まずどぶのレベリングとかしていました

絵を描くと中指が負傷するのが恒例になっていますが、理由っぽいものはあります

おれさまペンの持ち方が変で、人差し指を使わず中指が軸になっているので

ただでさえ仕事で指を酷使して、その上負荷がかかるとあっという間に逝ってしまいます

ラフならまだしも、デジタルでも筆圧感知する塗り作業はそれなりに過酷なもよう;;

設定弄れば良いんですが、昔から高圧でゴリゴリやるのがクセなのでいかんともしがたく

同じように眼も使いすぎなきらいがあるので、どぶより円盤聴いておこうかってなりました

特に他意はありませんが、なんとなくチョイスしたのが3分ときこえる?のリピートです

どちらも過去に感想を書いているのですが、リピするとやはりそれなりに違って聴こえる感じ

まずきこえる?を聴きました。俺のまっひーは相変わらずカコイイですが何かくどい。コテコテ

アムロに聴こえるのはこのくどさが遠因なのかもしれない;とはいえ初回とさほど印象は変わらず

メイン双方がイメージどおりな印象。そして受けにちょっと萎れていた初回に比べ

リピるとなんか可愛いんじゃないかコイツ?になる不思議。めんどいコミュ障は変わらないのですが

あくまで内向的なコミュ障で、他人に責任を転嫁せず頑張って変わろうとしてるところが

やはり可愛いピュアい。いじめにあってどうこうの外的要因も本人は一切口にせず

あくまで自分の性格がこうだから、っていうのは潔い。面倒くさいのも多感なお年頃だからかなと

攻め受け双方演技に違和感もなく造形にも萌える。結構神的な一枚ではあるものの

ゆえに喘ぎが壊滅的という残念さがむしろ強固な印象になってしまいました…

何か悪い夢でも見たんやわってなる;;ピュアいコミュ障が何故ベッドではああもがなり倒すんだ

口では気持ちいいって言ってるけど全然そう聴こえないよママンおれさまの耳が壊れたの?

せっかく萌えるメインなのになんてこったジーザス!しかも結構長い間喚いてるからなコレ…

で、視聴後の余韻最悪なのにまたゆっけ受けの3分をチョイスしたおれさまドMなのかな?

でもこちらの作品の喘ぎはきこえる?にくらべると結構マシなのよ主に音量が

相変わらず気持ち良いって言ってるけど実際は苦しそうに喚いてるって印象はぬぐえませんが

特に今回は好きな気持ちを隠しつつ抱かれているので、本人比でやれてはいるものの

もう少し繊細な演技をして欲しかったのもありますよ。攻めにも同じことが言えるので

こちらは別キャストで聴きたかったという初回の印象は覆らなかった模様

鈴木千(とか慎之介)?まあ実力もキャリアも違う人の名前を出すのもアレなんですが、

今回の受けは喘ぎ以上に面倒くささと美人度が足らないなと思ったもので…

受けも攻めももうチョイ丁寧に緩急付けてくれると、ドテンプレのグルグル兄弟ものが

山あり谷あり大盛り上がり!な聴き応えのあるものになったのかなあと思ったりしました

ああいう型に嵌り過ぎている一昔前の脚本はわざとらしいくらいくどくやって欲しいのよ!

ためいきひとつに長っ!てくらい溜めて欲しいの。最近の若手は薄味が多いからなぁ;;

それでもゆっけも白井くんもわりとくどいほうだとは思いますが、間の取り方がまだ雑な気がしました

そして可愛い喘ぎが聴きたくなったおれさまは国民的スターのトラック2だけを聴きました^^

この円盤のまっすん演技は壊滅的なんですが喘ぎだけは可愛いんですよ

しかも相手が日野ちゃまだから攻めのほうには何の問題もないしでね

本来エロトラックだけ聴くことはしないのですが、この円盤リピしまくってもう耳タコなので

寝る前に可愛いの聴きたいときはエロトラックだけ拾って聴くことにしています^^

ちなみにいたごちのゆっけの喘ぎは可愛いと思ってるのでけっこうリピしたりしていますの

キャラ造形はもちろんですが演出の舵取りによるのかも知れませんなぁ

2017年5月18日 (木)

【創作】張り切って割ってみて【途中経過】

拡大して塗っていると、頭にショタの顔が乗ってることを忘れてしまいます

で、いつものように腹筋をノリノリに塗っていたら、縮小してはじめて気色悪いことに気付く

ロリ絵の厚塗りと同じようなキモさだよねガチムチのショタって!ホモにしか需要無さそう

でも!ブログのサイズに縮小したら何がなんだかよくわからんようなったわ!

うーん、やっぱもう少しでっかいサイズを見られるページ作ったほうがいいのかもな

解像度が低すぎてどうにもこうにもお話にならん

ちなみにいくら気持ち悪かろうが腹筋を割らないという選択肢はない!

薬研と平野は元の絵がヒョロいので、塗りの過程で少し手加減してありましたが

あっちゃんは割っても良いんじゃないか?と。大明神はわりとがっしり描いてるし^^

前者2匹の腹筋が割れてたらさすがに気持ち悪いと思うわ…

時に俺の平野の真剣必殺は乳首バーンなんですが、アレは一体誰得なのかしら;;

たいしたキメポーズ作ってるわけでもなく、なんか乳首見せたいだけって感じに見えるのがまた

乳首とか呼ばれててもおかしくないって言うか呼んでる人がいないのが不思議なくらい

一般向けのコンシュマゲーなんかだと、キャラに結構酷いあだなつけて呼ばれてること多いのになあ

おれさま推しじゃなかったら平野の事は乳首って呼んでたと思います、絶対^^

2017年4月21日 (金)

【BLCD】3分+sick 連続でやっつけました

まずは検索させる気ゼロなタイトルですよこんにちは。今日マリソから届いた円盤2枚、sickは先月発売分ですが、送料が惜しいというしょっぱい理由で一月取り置き状態です。なので一月後に発送されようと特典CDは付いてますよと、どんだけ期待値低いんだって話ですが;同時に届いたからにはその日に聴いてしまおうということで連続でやっつけました

今回2枚とも特に萌えるでもなく萎えるでもなく、お話展開に特筆する部分はございません。なので感想も珍しく2枚一度にやっつけます、中の人関係中心にさらりと流す予定

<3分インスタントの沈黙>

なんだこのタイトルカップヌードルでも作ってる間の沈黙の事か?と思ったらまさにそのことでした。深い含蓄があるのかなと思いましたが、たいした意味も無さそうな1シーンを切り取っただけっぽい。すれ違いが完全に救いがたい事になった決定的場面?と思えなくもないですが、このお話は両片思いのふたりが何か決意するごとにグルグルすれ違うドテンプレ兄弟ものなので、何処でフラグが立つのかは分かりにくい構成。まあそこが聴きやすくもあり退屈なところでもある

だがおれさまの聴きたかった兄弟ものはこういうものだ。泥中のクソに比べたら清々しいほどの王道展開素晴らしい

お話に不満がない分だけメインふたりの演技、そして声色がキツイ。二人してくぐもった声で延々喋られるもんだから、たいした事していないのに終始空気が重たい。攻めの白井くんはこれに加えて演技が色々と安定しないせいかどうにも萌えきれず、どう言っていいのか表現しづらいですが初っ端からなんか違うんじゃないか?と言う印象

受けのゆっけも指導なら仕方が無いものの、どうにも魅力的には思えない造形。両方ともドテンプレな両片思いの兄弟造形なのにどうしてこうなった感が聴くほどに強くなる。こもった声の応酬で聴き進むごとにだれるものの、最後に決心して攻めの元へひた走る受けの演技でかなり持ち直した感。ゆっけは切羽詰ったり泣きじゃくったりする演技は本当に目が覚めるくらいお上手なのよ、なのに何故喘ぎになるとああなんだ

これは技術云々の話ではなく、彼の脳内BLファンタジーにおける喘ぎの位置づけがああなんだろうと。要するに彼の頭の中にある「エロい喘ぎの定義」そのものを矯正しなくてはどうしようもないんじゃないかという思いに駆られる。色気がどうとか緩急がどうとか言いたい事は色々ありますが、そういう技術的な事が出来ない人じゃない気がする…このおれさまが喘ぎ声を抑えろなんて本気で誰かに要求したくなる日が来るなんて思わなかった;;たまに鼻から抜けるような声がエロく感じるときもあるけれども、頻度的には極稀ですがな

白井くんもコレの前に聴いた古川×小林よりはマシなもののたいした攻めでもなく、何で赤羽根Pじゃダメなんですかね!声質似てるけど向こうの方が声がクリアなんだよ…なんかお話的には結構萌えそうな展開とキャラ造形なので、受け攻め双方別の人で聴いてみたかった1枚でした

<sick>

声的には何の不満もない1枚、ド安定です。ただ3分とは逆にお話が毒にも薬にもならなさ過ぎるのがツライですが、まあコレも泥中のry。特大の萎えを喰らうくらうなら、今回キャストが鉄板なので萌えなんてなくていい。タイトルですか?全く意味分からないアルファベット4文字ですがあまり気にしないことにします

「知ってるよ。」だっけ?過保護な兄ちゃんの監視つき弟(@ふぁゆむん)。何か立ち位置的にもアレに似てなくはない感じがしますが、まえぬに比べて俺のまっひーは色々遊び心満載なのか、実に濃いい兄貴だったwハゲ海さんのああいう面倒見のいいチャラ男も萌え属性ですし、あの兄貴が笑えるせいでリピ率5割増しってところでしょうか

結局好きキャストで回してるのでそれだけで満足ですが、唯一不満なのが受けのふぁゆむん。後半は可愛くなるものの、やっぱりちょっと低音気味なんですよねぇ…まあ通常演技から達者なのでそこらへん気にならないくらい毎回可愛いんですが、今風の喘ぎで抑え気味なものばっかりなので個人的には物足りない。一度突き抜けた高音女喘ぎアホエロを聴いてみたいという野望が捨て切れません。過呼吸なるくらい大声で高音AV喘ぎしてるだけのみなみ遥原作とかああいうノリなのが1枚だけ欲しいです2枚はいりません

同じことがわがしやかんけーしにも言えますが、ゆっけにはもう少し抑えた色気を研究して欲しい;;ラストチャンスとしてアホエロ炸裂の「好物はフンタタ」を予約してみました。ゆっけのような突きぬけてエロく無くうるさいだけの喘ぎはラブコメアホエロの方が向いてるんじゃないかという一縷の望みを託しましたので、せめて笑える方向でもいいのでリピしたくなる喘ぎを聴かせて欲しいところです

2枚とも何か物足りない出来では合ったものの、耳を覆いたくなるクソではないのでおおむね満足しています。次は同じく倉橋テンテーの家族ものを予約していますが、こちらは古川のラストチャンスです。攻め演技は以前のオリジナル円盤(男子高校生はじめての及び何とかと青春の全て)で完全な地雷と化しましたので、受け演技次第では名前見ただけで買わなくなる予感。ギヴンはまあ続きが気になるので一応は買いますけれども…アレも色々と言いたくなる作品ではありますので、機会がありましたらまた後日アンチ気味の草稿をお目にかけるかもしれません;

2017年4月17日 (月)

【BLCD】泥中の何とか もう何もかもが気持ち悪い

原作未読で挑むとえらい目に合うよ!と思い知らされた貴重な一枚

BLCD聴き始めて5年以上、今更ぶち当たる事になるなんて余程今までが強運だったのか

胸糞とかそういうのとは少し違うのかな、なんにせよ気持ち悪いのでさっくりまとめて終わります

兄貴大好きヤンデレ弟(@ゆっけ)×ゲイ向け売り専兄貴(@まっすん)のやさぐれメリバ

序盤弟がクズ真っ盛り、アニキが好き過ぎて襲っちゃわないように女を便所に使った挙句

こっぴどく振るあたりはまあテンプレ。後半ヤンデレて一生懸命な兄貴を困らせるのもまあテンプレ

最初は弟がとにかく気持ち悪いのですが、それはゆっけのヤンデレ演技あってのことで

おれさまクズは嫌いじゃないので、一生懸命純粋に生きようとしている兄貴に萌えつつ

キモい弟にも感情移入しながらそれなりに聞いていましたさ、当て馬のバカ女もバカそのものだし

コレ男だったらよかったのにってくらいでまあ、胸糞の範疇としてはわりと軽度なシロモノ

一番意味不明で気持ち悪かったのが、最後の最後にぶっちゃけられた兄貴の腹黒告白EDw

コレはあれか、個人教授か!ヤンデレ攻めに困らされる流され天使受けかと思いきや

この胸糞流れのすべてが全部受けの何年越しの計算でした、ってヤツ^^;

お前の気持ちも俺オカズにされてんのも全部知ってたし(ドヤァ)って、いきなりなんだそれは

いやまあ個人教授の例もあるし、そういうオチ自体とやかく言う気はありませんがね

自分にヤンデレる弟見て健気演技で悦に浸る趣味自体相当気持ち悪いですが

それに対する何か伏線がありましたかね?それっぽい間みたいなものがあったかなかったか?

そういうノリをおくびにも出さずに最後に告白させて薄ら寒い余韻を残すつもりであの演技?

それとも演技が棒過ぎて醸し出さなければいけない雰囲気そのものが殺されていただけ?

どっちなんだよわかんねえよ何この気持ち悪さ!原作読めってことなんですかそんな殺生な

個人教授はインターに平川星人ですから、多分計算してああなんだろうと解釈できますが

まっすんはどうなの?どっちなの?後者もありえるよね演者の力量考えたら^^;

そもそもこの兄貴、弟が好きなのか可哀想な自分(を演じる事)が好きなのか分からない><

弟の気持ち悪さははっきりしていますし演技からもバンバン伝わってきますけれども

兄貴の気持ち悪さの原因が分からない。演技からも何一つ伝わってこないし

どの原因に帰結してもやっぱり気持ち悪いしで、もうダメだコイツ前半部の萌えを返してくれ

前半戦はお互い傷つけあってすれ違ってるだけで、最後にハッピーなら何とかなる体の流れなのに

個人教授よろしくコイツらコレで幸せなの?みたいなメリバ仕様に最大級の地雷発言

前例を簡単に挙げられる程度の構成ですし大して目新しくもないただの胸糞話

無理やり良いところを探すとなるとゆっけの気色悪いヤンデレ演技くらいですわ

コレ兄貴のほうに演技力求められる脚本なのにまっすん持ってきちゃダメだろ…

まあ何考えてるかわからない薄ら寒さはあったかもしれませんけれども、

それが素なのか演技なのか判らないところがどうにも気持ち悪いって話なのよ!

感情移入的には弟ですが、どの道どちらも最終的には気持ち悪いし萌えもしない;

原作未読作品を聴くのを身構えてしまう程度にトラウマ植えつけられた記念碑的な1枚です

お子様なおれさまには難易度が高すぎたんですわ大人しくBLファンタジー聴いてきます;;

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

テルナ様

ビビッタ!死んでしまうとは

  • 「熱砂ノ楽園」応援中!

    「熱砂ノ楽園」応援中!

    「花陰-堕ちた蜜華-」応援中!

    ※変態医者×ユーリ一押し