のぶニャがの野望

  • 俺のスコ鶴は永遠 俺のスコ鶴
    このブログは
    珍スコ鶴及び稀鍋島を
    こよなく愛しています

コメントはこちらから

  • web拍手で代用しています

応援中(てか萌えた奴ら)

カテゴリー「【声ヲタ】BLCD・乙女」の678件の投稿

2020年5月28日 (木)

【BLCD】聴いた円盤の感想を5行以上でまとめろ2020 上半期 

大昔に予告していたのをいまさらやります2020上半期。上半期とは1-3月のことですが、実はおれさま5月発売の作品まで含めようと思っていました。だって購入予定の円盤が少なすぎりゅううう><と思っていたらアニメイトの発送延期です5月に手に入りそうにない!よしその金でガチャ回せ!ってやってたらギリギリ末直前になって与信連絡よこしやがったわぁああクソが!一週間から三週間延期するんちゃうかったんですか???

まあ5月分含んだところでねっていう、本気で最近聴きたい作品が無さすぎなんですよねえ主に男子高校生とかがさ!そしておれさまオメガバースがあまり得意でないことを知ってしまったようで、ますます範囲が狭められてしまった現状です。BLに女はいらないと思っていますがあそこまで開き直られるのはちょっと無理なんだわぁ、女は浅はかだと思ってますが野郎なんてもっと豚に近い生き物だと思ってるしでさぁ。女がいない世の中なんてディストピア以外の何物でもないじゃん夢も希望もありゃしないわ

そんな感じで感想書きますが今回5行でまとめません好きなだけ書きます。つか枚数少ないから5行とかすぐ終わっちゃうじゃん、嘘です作品ごとの温度差が激しいんですわ。一応購入円盤書いていくんで「これいらんだろ」ってのもありますお察しください

●ギヴン5(いろいろ)
2かなんかのヴォーカルエディション凝りましたので今回通常版で。内容?知りません未聴なので。ついでに書いておくと去年の未聴作品にめぐみとつぐみがありました。オメガバース好きじゃないんですよついでにおのゆーもな(作品によるのでオメガバースだと当然聴かない結論になる)

●真夜中はなんとか(いろいろ)
さすがにこの記載は酷い。猫耳のやつですがオメガバースではないのかしら、でも女いないしたいがいディストピアですが。2枚組でまえぬ受けのお話に1枚割いていますが、絵に描いたような世話好きツンデレなので面白かったです。不満点は巷で人気のクソ布の声色に寄ってるのはどうなの?と思ったくらいですが。残り2本は既存CPのその後ですが、ここではじめて前作メロたん(@おのゆー)は夜須田グループの息子だと知った…いや改めて前作聴いてみると祖父のお兄ちゃん出て来てて確定してるんですが、前作は別の家族グループに1匹紛れてる感じだったので、ブクレには記載がなかった記憶。むしろ今回のグループに入れた方が、と思わなくもなかったがノリス重視であちらに入ったのかなあ。にしてはモノローグがメロだったからややこしくなってたんだろう。人類総ホモというよりは多頭飼いの末路っぽい感じでどんどん家族が増えてゆく様相はまさに猫w

●ダブル・スタンダード(白井×わがしや)
昔書いた項目ですがいろいろ追記で。まずは前回「兄貴とヤってるのは音になってないっぽい」みたいなこと書きましたが人によってはそんなことないですねあれは。特に嫌いな人にとっては十分許されない感じで音になってます。おれさまの感覚としては前回の別軸リバに比べるとポジションは変わってないし、心ここに在らずだしでまあいいんじゃね?と思ってたので。原作を読んでみたのですがわりとガッツリヤってたうえ女同士とかまであったので、メイン以外といろいろつなげるのは原作者の趣味なんだろう。そんでもってエロになると輝く感じの人っぽく、原作はただの汁物っぽい印象;円盤はわりとうまくごまかしてる気がしました。どちらかがマウント取ってる系の双子BLって、虐げられてる方に「大嫌い」って言われるとわりと本気で凹むのなんなんだろうな?愛憎表現テンプレなんだろうけど、お前のやってることクソ外道やぞ自覚なかったんかい恐ろしいわw原作では受けがかなり馬鹿属性に寄ってるらしく、わがしやよりヨシキの方が合うんじゃないかなあ

●メトロ(シュガーちゃん×天﨑)
天﨑くんががっつり喘ぐみたいなので。トークとかもうどうでもいいのでアニメイトで買いました。ええとですね、聴き始めて最初の方は良かったのですが、受けちゃんの環境導入部分に入って「ナニコレ恋のまんなか?」メンヘラ母親に虐げられ続けてメンタル崩壊寸前の受けちゃんが、塾に行ったふりして爛れた毎日とかさあ。やってることがもろかぶりすぎる上に攻めにも興味が持てなくて途中で寝落ちまして。で、起きたところで母親にいろいろバレてトチ狂い始めてやっぱり恋のまんなかだな、になって終了。未聴部分に何があったか知りませんが特に興味もわかず何かもういいや。きっと受けが実は黒いとかなんかあるんでしょうけれども、おれさまならこれ聴くなら恋のまんなか聴いてりゃいいじゃんってなります。メリバよりハッピーエンドが好きそして攻めも男子高校生

こんだけー!少ないしかもどれもこれもが楽しみにしてた円盤でもないっていう。真夜中は何とかさんは相変わらず食指動かない惰性のわりには毎回それなりに萌えさせてくれるし、実はリピ率もわりと高め。そしてダブルスタンダードが当たりでした。ああいうドSっぽい白井攻めは地雷でありながらわりと好物だったりする。購入前からwkdkしていたわけではないけれどもそれなりに楽しめた印象です。5月は黄昏何とかとまた尼崎くん(←変換間違ってるけどもうこれでいいか)の受け聴くよ!

2020年4月24日 (金)

【BLCD】聴いた円盤の感想を5行でまとめろ2019 後編 

ここ数日下痢と腰痛に苦しめられ中のおれさまですよ。まあ下痢に関しては葉物野菜が死ぬほど値上がったので、少し不精をしてたんぱく質ばかり採っていたら下痢どころか液体になりましたと。腰に関してはよく分からず、寝返りを打った瞬間に今までの人生で体験したことのない痛みに襲われてしばらく悶絶しました。腹痛も併発していたので、腰なのか何なのかよくわからないまましばらくすると収まりましたが

重大な疾患が潜んでいる可能性も捨てきれませんが、このご時世にしょうもないことで病院に赴くことはなるべく控えたいわけで。ほかにも歯医者とか床屋とかいろいろ行きたいんですがいつになるやらでね。買い物3日に1回とかなるべく一人で行きましょうとかそんな当たり前のことはどうってことないのですが、体のメンテについてはいろいろな不安が残ります。まあ都知事のしょうもない要請さえ守れてないやつ大杉氏ねばいいのにとは思いますよええ

今回は長くなるのに愚痴でかなりの行数をとってしましましたが消す気はない。最近の買い物時の混雑具合にストレスを感じているのは事実ですから!一人暮らしの引きこもりでも1週間に一度は食い物を買いに行かねば飢え氏ぬわけですよ。そんなわけで感想の続き

●腐男子くんのシトラスデイズ(鳥海×鈴木裕 駒田×河西)
初回特典か何かで花江と川原が絡んでたっけ内容からっぽで覚えていません。前作よりはわりと腐男子してるんですが、ヲタ同人用語が赤裸々なのでおれさまじゃなくても萎えるだろこんなんっていう。まあタイトルからしてそうなんだからそこは諦めましょう。出来上がったCPに興味がないので前作の奴らは勝手にしてもらって、新規参入はコマちゃんと河西くんです。コマちゃん声は良いのですが演技が一本調子というか棒でござる、もうちょい頑張って

●よるとあさの歌アンコ(松岡×シュガーちゃん)
一度聞いて放逐したので内容は覚えていませんがそれなりに面白かった記憶があります。ただしこれも出来上がってるので心理描写とか聴きごたえとかはなく、前作に萌えた人用のファンディスクの趣。前作好きなら結構笑える出来にはなっていましたが、新展開とかそういうのではないので、コスパわりと高め。まあ原作者中の人ともに信者多いし、たまにはこういう回収用円盤も良いんじゃない

●俺達は新婚さんかもしれない(ニッケル×松岡)
ニッケルは受けでよろしく攻めはつまんねぇ。早い段階からモノローグで両片思いバレの焦らしCDです。萎える部分が特に見当たらないので聴きやすいとは思いますが、個人的にはテンプレ過ぎて物足りない。たまに入る教授とのやり取りが原作者さんらしいコミカル風で楽しいですがまあそれくらいかな。おれさまコミュ障あまり好きじゃないです

●かわいくない兄貴を喘がす方法及び続編(石谷×木島)
別欄でこき下ろした記憶がありますが続編も聴いてみてさらにこき下ろしたくなりました。だがそれは出来ないなぜなら途中で中折れたからだ!弟の方もわりと欠けてる俺様なんですが今作は特に兄貴が酷い。恋愛初心者では済まされない欠落っぷりで、他人に共感できない系の病気に見えます。とにかく聴いていてありえない出来事の連発にモブの酷さ、もう聴きたくないまである代物でした

●カラスの嫁入り(小野友×榎木)
掴みはざっと読んでまほろばデイズっぽい、動物の声が聞こえる神主攻めと力の媒体っぽい受け。モノローグ担当が攻めで幻滅した上に受けがダウナー入ってて追い打ちを食らうものの、聴いてみると攻めも受けもピュアで回りはみんな良い人で幸せになれる1枚ではありました。でもまあ特に障害があるわけでもなくある意味難しい受けを攻めがずっと介護してたようにも見える内容に好き嫌い分かれるかも。一瞬受けが堀川になりました

まあこんなところでしょうか、枚数が多いので前回よりタイトにまとめてみました。書いてない円盤も多いのですが特に書くことないしで、つっても多分よるあさアンコよりは内容ある書き方が出来そうな円盤が多いような気もしますけれどね。特にタスク大明神のヤツなんか、何度かリピしてる程度には気に入ったりいていますよ突っ込みどころ多いし特に萌えもしないのに。初回ならまだしも数ある中からリピるには、聴きやすさだとか地雷の少なさだとかいう部分はあると思いますね。内容気に入ってるけど受けがコミュ障だとか、リアルを想起してしまうジャンルだとかであまりリピしない作品って結構多かったりします。今回書いた中で当たりはカラスの嫁入りかな

次は無理やり2020年の上半期あたりの縛りで感想書いていきます。枚数が少ないので内容にはあまり期待しない方がよろしいですよ

2020年4月16日 (木)

【BLCD】聴いた円盤の感想を5行でまとめろ2019 中編 

前編でしょうもない俺語りを炸裂させたので円盤感想が少なくなってしまったことを別に後悔していませんそれがおれさまのスタイル!今回はただ書くことが見つからないのでさっさと感想書くことにします

●愛は金なり(古川×ヨシキ)
天使×悪魔的な何かですが、このキャストでやるなら魔彼さんがほぼ同じようなキャラ設定なので好きなの選べ!ただこちらは原作付きで、攻めの悲哀が物語仕立てで割と本格的に描かれているので、円盤に何を求めて聴くかってところですね。最後ほっこりした余韻があるのもこの作品の良き部分。ただ受けはどちらもキャンキャン系なので、それを耐えられる人が大前提になります。おれさまとしては気軽に聴ける魔彼さんですが、こちらも佳作。リピはしないが売る気はない稀有な1枚です

●過剰妄想少年(ヨシキ×誠一郎くん)
手を使わず妄想でオナれます!までは良いけど教室でしないでくれる?生々しすぎて内容ぶっ飛ぶわ。こういう野郎向けなファンタジーはおれさま好きじゃないので、正直イカくせえなぁとしか思わず萌えとかちょっと無理でしょうか。ヨシキがチャラ男ほだされ係で誠一郎くん陰キャデモデモダッテ、もう昨日書いた誠一郎くんと野上くんのアレでいいんじゃないのっていう。まあ野郎向けファンタジーがいろいろ詰まってるのでそこらがポイントなのかしら(棒)うん二度と聴かない

●みだらな猫は爪を隠す(ヨシキ×わがしや)
食傷カップルお二人様による同事務所対決、ではなく物流系男子モノ。設定はあるようで少なく、お話は体から入って佳境にすれ違いまくってヤキモキする安心テンプレ。ヨシキわがしやいつもの攻めと受けあんま聴きどころはないもののお話は結構好きです。濡れ場も多く、セフレ特有の虚しさと戦ってる受けちゃんそこそこ健気で萌える。力持ちなのにガチムチ描写が無いのも佳き。ただおれさまは物流関係身近なのでそこは萌えない残念。職業キャストに拘りなければお勧め

●男子高校生はじめてのなんとか4
11ですが堀川が受けだったことしか覚えてない、つか攻めがおれさまの苦手系の人だったのでもうギブ。ことあるごとに引き合いに出しますが学園ヘヴンの王様です。本人が(フィジカルメンタルともに)健康的に育ちすぎて歪んだ人たちの悲哀を想像できない、ぶっちゃけ少年漫画の主人公みたいな人ですかね!ただ今作の攻めはそれなりの挫折を味わっていますが、まぁあまり得意ではないかな。受けの方もちょっとダウナー入ってて堀川じゃねえし、内容覚えてないってことは話もなんてことないドテンプレだったんでしょう。聴き返す気にもならないということで終了

12は買っていませんまあ中古で野口さん切ったら考えるわ。正直業界に貢献する気にもならないキャラ属性にキャストでおれさま乙すぎる。これでも外伝と男子高校生ではない賢雄社長のアレ以外は通しで買っていたおれさまが、速攻イラネ判定出した1枚なのでお察しよ。何枚か聴いた上で書きますが、おれさまはおのゆーにこれっぽっちの興味もないし価値を感じません以上。聴く気にならないので白い地雷古い地雷以下ですね。生姜もさあ、今まで若手使ってんだから野上くんあたりにしとけよ使っても3だろ。今までのシーズンも2枚目が一番好きだったのにさあ、もう、ないわ

13は今までのシーズンで地雷まみれの3枚目ですが今回は当たりでしたよヨシキ×堀江(←壁打ちじゃない方)。まあ攻めはおれさま的に好きじゃない傲慢なオラ攻めですし、受けもコミュ障陰キャ受け(しかも厨二小説とか書いてる)。ほぼ地雷といっていいはずなんですが、まあこの円盤ヤってるだけなのでキャストが全てじゃね?個人的に堀江くんはどちらかといえば低音のイメージ(仏のせい)なんですが今回は鉄板のショタ受けって感じ。イラストは忘れる方向でおれさまの中では可愛いショタです!厨小説が受けが攻めをどう思ってるかの表現媒体になってるのは面白いですね、だがやがて出るであろう続編で賞取らすような真似はやめろよ絶対にだ

男はじシリーズ通して思うことなのですが、変に設定を凝りすぎているゆえに、そこにこだわりの描写を入れすぎてファックまで冗長になってるタイトルがいくつかあるんですよね。ダラダラ喋らんとはよヤれこれそういう円盤やろ?って。特にシーズン1枚目にその傾向が顕著なせいか、どれも印象に残らない(個人の感想です)。しかしその中で断トツに退屈で寝てしまうのが多分5弾(兄弟のやつ)^^;かなり好きな部類なのに何度聴いても寝る。兄弟なんて何の説明もいらないはずなのにヤるまでがダラダラ長いせいなのかしら。逆に開始速攻半レイプしてもう一回ヤってる8弾が今でも1番好きなんですが、これに関しては攻め受けの性癖がおれさまにドストライクなのがでかい。リョナ志向×指フェチ展開ロミジュリなんてオマエなんて神なんだヤバすぎるだろ。キャスト?薬研×信濃で鉄壁やん?

以上、なんだかヨシキと男子高校生はじめてのの感想に偏った中編でした。ヨシキについて補足すると、この人おれさま的神円盤にちらほら出てて結構好きなおひとりですわ。別にこの人目当てで買ってないけどいつもいるよねって人、野上くんの攻めバージョンかな。比較的リピ円盤が多いものの飽きないのは本人がわりと器用なせいもあるかもしれない。最近の若手は代永の失敗のせいなのか、一定音域に拘らずいろんな役柄に挑戦している人たちばかりですが、ヨシキに関しては音域自体はあまり大差なくてブリ受けもあまり見かけません。ギャンギャンうるさいのが多いものの、それ以外の属性もわりと器用にこなしている印象。神円盤にモブ含めて結構いますが、どのキャラも激被りするほど強烈な印象が残らないのがむしろプラスなのかもしれません。濃い印象は一時プラスになるかもですが長い目で見るとなっていう。代永を見てると大輝王子の将来が心配になりますわ

2020年4月15日 (水)

【BLCD】聴いた円盤の感想を5行でまとめろ2019 前編 

緊急事態が宣言されても特に日常生活に変化がないおれさまです。普段からテレワ気味の引きこもりなので、接触を8割削減どころか普段からほぼ他人と関わっていませんがどう減らせと;;ソーシャルディスタンス?元から人に距離縮められるの大嫌いなので、ラーメン屋で椅子ひとつ開けて座れるの超快適じゃん♪とまで思う今日この頃ですわ。そういや会社でやたらと距離近い女がいきなり耳元にヒソヒソしてくることがあって(あの言動って女特有なのかね?超きもいんだが)おれさまはそれがかなり苦手でそいつとは距離をとっていたんだが、これを機に少し考えなおしてくれると嬉しいですわ

まあこんな風にプラスな出来事でも考えていないと滅入ってきてしまう世の中ですが。引きこもってゲームばっかしててもしょせんソシャゲなど作業でしかないわけです。もう少し心が潤う何かをしていきたいのですが、おれさま的には本を読むかたまった円盤を崩すかしかない。といってもリア充に一人遊びさせたとしてもやれることの大差はないわけで、そこは卑屈になるほどでもなく。むしろ常に他人が家にいて息抜きできない環境とか牢獄ですやん、こちとら誰にも邪魔されない空間で巣ごもりするための材料は常に飽和状態おれさま最強!一人暮らしの引きこもりは通常運転で何のストレスも溜まりませんよ

さて、いつも通り長々とごたくを垂れ流し、今回は寂しい孤独死を宣言したところでタイトル回収です。時間があるのでものすごく久しぶりに円盤感を書こうかしらと。とはいってもおさぼりして久しいので遡ること1年ほど。1作ごとにだらだら書いていられませんのでいつもの5行感想です。独り言で触れたりしたものは書いたり書かなかったりしていますが、すっ飛ばされたものはその程度のブツだと思っておいてくださいおれさまもそうします。順番は思い付きの順不同、枚数多いので適当なところで次回に回します

●優しいパンツの脱がせ方(野上×土岐)
買った当時はほかに男子高校生物がなく仕方なくぽちった記憶。ドテンプレの幼馴染設定のはずが可愛くない土岐くんとしもんぬ野上、そして女装に座薬…むしろ幼馴染以外萌えようがねえニッチ炸裂っぷり。お話自体は中だるみもなく飽きさせないテンプレなんだけれども、そこに至るアレコレが個人的に結構萎える案件ばかりでした。焦らされたわりには最後にドカンと来るわけでもなかったのでまぁ、リピはあんましないかな

●ところで今は何番目でしょうか(誠一郎くん×野上)
しもんぬ受けばかりだった野上くんがブリ受けやってます、な1枚。失礼なしもんぬだってブリやってるわ!な突っ込みは置いといて。かなり任じゃなくきしょいですが、野上くんの引き出しをとりあえず堪能すればいいじゃん。お話はテンプレ従順受けに俺様攻めが絆される系。ただし攻めの誠一郎くんはチャラ気味だがクズではなくわりと好印象。受けはよくいるデモデモダッテなのでむしろ攻めに感情移入して聴く代物かもしれない

●オマエは羊。Qpaエディション(きーやん×野上)
エディション表記の意味は不明ですが、タイトルだけではなんか寂しいので。おひさしぶりのきーやんに食傷気味の野上くん。お話はシェアハウスっぽい何か、大学教授×教え子?きーやんがちょっと神経質なものの受けにベタ惚れ、そして受けは苦学生故に落ち着いてはいるものの、迫られるとやはりキャンキャンしているしもんぬ系になるのかしら。特にこれといった萌えどころもなく、久しぶりのきーやんどうなの?以外には何もないそんな1枚

●とろけて開いて(加藤×野上)
昔和泉テンテーあたりが書いてたような小説家×編集なアレ。ただし攻めは最初からフラグ立ってるのがまる分かりなので、聴いてて焦らされる系のテンプレかな。ことあるごとにファックしたがるので、濡れ場が多く野上くんの喘ぎを堪能したいならとりあえず買えばいいじゃん的な。受けは性格的には落ち着いているものの、喘げばいつもの野上くんです。茶介は人気ありそうな傲慢系なんだけれども中身は可愛いおっさんなので、そのギャップも聴いてて楽しい部分ではあるのかも

…以上!順不同とか書いていますが特定の人に偏ってる出来になりましたがわざとです!近年買いたいものが減ってきて、これならってブツに高確率で混入されている野上くん、個人的にはかなり無双していた印象ですが最近は全く見なくなりましたね。書いていて気がつきました;むしろ系統で括ってるしもんぬのほうがちらほらいる気がするわ(お前はとっとと卒業しろよ)

プレビューしてみると6行になりましたが、作品によって長さに差はあまりないと思います。環境によってそこは若干の差異があるようですので許してくださいな。中編に続く

2020年2月20日 (木)

【BLCD】ミスターさんとダブルさん

ケツがメンテに入ったので久しぶりに円盤感想など(じゃあケツについて書けよっていう)。タイトルから分かるように?1作で書くほどノってないということで連作での扱いになります。「ミスター・フィクション」「ダブル・スタンダード」マリンさんが連作で出すほど原作人気が高いのだろうか…ジャケイラとか中身聴いた段階でいまいちパッとしないというのが第一印象。倉橋テンテーとかはジャケ見ただけでまあ絵アド高いんだなっていうのがなんとなく分かったものですが…

まずかなり昔に出たミスターさんですが、キャストは当時あまり無かった舟歌攻めにそれなりに好きだった田丸先輩受け。一応買ってみて聴いてみて、どっちもクソだったで落ち着いてしまいお話の印象は全く残らず。キャラ付け自体がおれさまが好きなタイプではないのですが、明らかに声で損してる部分がどちらにもあります

が、特に受けが酷い。田丸先輩は壇野先輩みたいな年上健気ピュアだけやっとけば良いと思うんですよね。もともとそんなに巧い人でもないのにあんな起伏が激しいやんちゃ受けやられても任じゃないとしか言いようがない。舟歌は舟歌で、リバやらされてるくらい色気が必要な攻めにも拘らずとんでもないクソ棒。それでもたまには色っぽい部分があっただけ田丸先輩よりはマシだが、不完全燃焼であることに変わりはない。脇にいた白い地雷のみが輝いていて、おれさまに続編を買わせる原動力になりました

…よくよく考えたらお話自体も結構ヤバいところあったかも;というかこの作品中古相場がかなり低く、最近のものにしては不自然なほどなので理由を考えてみたのですが、思い当たった点が一つ「別軸リバ」。しかも設定だけでなく音付きで、関係匂わしての寸止めでどうにかなるであろう場所にあえて、という。説得力うんぬんよりただのごほうび、作者の趣味で仕掛けてみた地雷。まさしくそんな感じ

別軸同軸どちらかに偏るのはそれぞれでしょうが、リバというものに関しては一貫して嫌いって人が多いと思います。それまでおとなしかったのにリバの話になるや否や、空気を読まずに発狂する輩が大量発生するくらいには地雷物件であると思われるものを、あえて主張してみました!みたいにぶち込まれたらそりゃ購買力は落ちようものでしょう。ただここで言う「主張」とは物語上の必要案件ではなく、本来の受信先であろうリバ好きの琴線に触れるか否か。結論としておれさまには触れませんでした。もしかすると好きな人もいるかもしれないのでそこは個人の感想ですが

実はおれさまリバが好きと言っても同軸のみで、別軸にする意味(というか萌えポイント)が未だによく分からない種類の人間なので、今回のリバも特に響くことなく終わりましたが、実際の趨勢はどちらがよりでかい地雷なんでしょうか。二次だと同キャラ逆かプの方が戦争が起こりそうな雰囲気がするので、同軸の方が地雷度が高めな気がしますが?まあ言いたいことはケンカップルが神過ぎて同軸最強!嫌いな人はとんでもない機会損失哀れだな!てくらいかな。この作品モンブランでBGMもSEも死んでないのも含めて神なのですが、比較対象に名前を出すとリバ嫌いが発狂するの面倒くさいです><

そうそうこの連作ともにマリンさんなので演出関係については及第点で可も不可もなかった記憶。そもそもそこらには特別に拘りがないので、モンブランたんとかスパソニとか、明らかに一線超えてるヤバさ以外はさほど気にはならない人です

そんで今月発売した「ダブル・スタンダード」ですが、上記につらつら書きなぐった問題点を払拭というか、受けがガチで受けですしおれさまの好きなわがしやピュアビッチだし、攻めは一応買うきっかけの白い地雷だしで、キャストにもキャラにもまあ何の問題もねえわっていう。地雷と書いてはいますが、古いのとの圧倒的な違いとして「攻めやモブなら嫌じゃない」、てか脇に居てくれたらむしろごほうびの中澤ポジション。ただおれさまが好きな属性の受けをやられると任じゃなさ過ぎて殺意が沸くので「地雷」と表記してるにすぎませんよ。兄貴キャラとかドSスパダリなんかはむしろ好きなんですが、それより好き属性受けの作品ぶち壊されるのキツいでしょそれが全てなんだわ

話も前作に比べたらまあ、双子に多少の好き嫌いありそうですがわりとテンプレ寄りです。前作で学んだのか双子でのファックはギリギリ音にしてたかどうかの際どいところで抑えてありますし(おれさまは音にしないの何で?派)。ただ主題が双子過ぎてスピンオフとは一体?佐伯先生が好きで買ったおれさま一体?メイン攻めとはいえ物語の蚊帳の外すぎて聴いてる方も取り残され気味…もともと脇として作られたキャラですし、あまり相手に入り込まずに生きてきたみたいな設定がある以上それもやむなしなのかもしれませんが、キャラ描写に脇だったころからの差を感じない…掘り下げとかママンがリスカしたから心療内科医になりましたってくらいじゃないの?

まあタイトルからして佐伯先生要素ゼロだし、この際受けの境遇を楽しめってことなのかな?てことにして聴いてみたのは良いですがね。この作品兄貴の愛憎というか妄執がいろいろなキモになると思うのですが…ペラい。薄っぺらすぎるぞコマちゃん!おれさま君の色っぽい受け声好きだけどさ、そこはそうじゃないんだよ!もっとヤバい男特有なキレッキレで狂ってくれないと物語が締まらないんだよ!茶番のシーンは思ったことを言ってくれてスッキリしましたが、それだけ溜めたんだからもっといろんなもん乗せたうえで「ウゼえ」って言ってほしいんですよ

平川星人あたりがやるとそれはもう最初と最後でがらりと声色替えて背筋凍らせてくれたんでしょうけれども…まあ受けもわがしやいろいろ流してるし、コマちゃんだけがナニなわけでもないですけど。前作よりもマシだけれども、熱量だけは前作の方があったかなって感じのキャストでした。お話も中の人も特にパッとしないのは前作から代わり映えもしないですので、キャスト買いで邪魔にならない話が好きならまあ買ってもいいんじゃないかしら、と。そんな感じです。双子が地雷の方は注意ですが、萌えの人が買っても音になってないのであんま刺さるポイントはありません

2019年10月10日 (木)

【DMM】仏と円盤(終了)

燃え尽きました。ああいきなりですがおれさまです。何がってそりゃもうやる気とか体調とかお財布とかそういう色々ですよ。いきなりタイトル回収しちゃいますが仏さん、十二神将イベ頑張りますよみたいなこと言ってたのはもう前回のイベントになりますね。まあ想定どおり100位以内に落ち着いて家具とか称号とか頂いたんですよ。で、阿修羅ガチャとか言うのをちょっと回して阿修羅出ました良かったですねで前回は終了

実はおれさまそこで辞めるつもりでした。前回書いたとおりランキングってあんまり好きじゃないので。まあ他のゲームとは違ってガチ対戦ではないのでまだマシなのですが、それでも生活ペースを乱されるというその一点からどうしても続けられない。さて今までありがとうございました!でどぶの連隊戦でも回そうかなってなったんですよ、でもね

次のイベントでおれさま最推しの増長天のイベント来ちゃいますよ☆しかも一番手に入れにくい☆5神通重ねてイベント見なさいだってよ^^;もうねオマエふざけんなって感じでしょ、何煽ってくれてんだこのゲーム。せめて☆4なら…嘆いたところでどうしようもないので、さらにお財布から諭吉ぶっこんで回しました。まあ限定仏よりは出やすいので何とか完凸させる。だがそこまで投資したものの10位などはさすがに元から狙っていないので、今回も100位以内に着地する予定。目的は最推しの☆5神通だけですが、特攻神通凸って走らないのはもったいないでしょ。で結局やる事になるという流れ

100位以内程度だと精神をやられるというわけではないものの、このゲームめちゃくちゃ途中で眠くなるので昼寝を挟んでしまうわけ。そんで生活ペース乱れまくる自律神経乱れまくりで体調管理が結構大変でした。加えてガチャがかなり渋い。このままガチャ限定や特攻神通を追っていくと間違いなく財布が氏ぬ、て言うか鈴村とか諏訪部とかどうでもいいヤツを追う気にさえならない。ランキング以外のイベントが来ればまったり参加するつもりはありますが、当分来そうな気配がないとなると何処を楽しめば良いのか分からない;;キャラは数名除いて好きなのですが、いろんな物が圧迫されるので残念ですが終わりますわってところです

ちなみに多聞天さんは爆死しています。阿修羅の段階で止めてりゃよかったのに出やがったからなあいつ^^;でもまあ阿修羅は見た目が結構好きで、珍しく創作意欲をそそられました。ふとましい身体がデブに見えなくもないがそこはおれさま脳内補正が可能だ。お前くらい体が出来ていれば腹筋があっても構わない。だがその良い体で武器が4本のロケットランチャーに弓もなかなかの浪漫。おれさま男の身体で一番好きな場所が腕から指なので、あのロケットランチャー見た瞬間めちゃくちゃ描きたくなりました。腕6本も描けるんだよねコレもう至高じゃん^^

だが多聞天オマエは駄目だ。なんだそのまゆたんボディは、イケメンは腹筋を割ってはならないコレはもう定義にしても良いと思う。身体ができてない男の裸体など誰も喜んでないから辞めろと言いたい。何、アイツ筋肉質な設定なの?その上腕三等筋で?ほぼ腕がマッチ棒じゃねえか^^;鉄人28号じゃないんだぞ腹筋さえ割れてりゃ筋肉ですとか冗談は顔だけにしとけよ。爆死したから言うわけじゃないけどな、爆死したから思ってた事言わせてもらうわってのはあるそこは否定しない

まあ腹筋なんかより指が描けてない絵師がめちゃくちゃ多いよね乙女界隈。男が乳や尻で勃起するならおれさまは指で濡れるとまで言えるセックスシンボルそれが男の指。なのにどいつもこいつも女みたいな指しやがって、そんなんで迫ってこられても藁けるだけだから出直せって思うわ。その点BLはわりとごつい指描いてくれる人が多いのですが。結局求めてられていないのかもしれないけど、少なくともベッドシーンでは顔より指の方が表情出るだろってくらい重要だと思ってますよ。村西とおるも言ってるじゃん

さて言うだけ言って仏とおさらばしたところで最後のタイトル回収。相変わらず円盤買うものないですが、惰性で買ってるトラさんと狼さんにちらっと大紀くんが出てた幸せ。君アーツでしょとっとと絡めよ☆神尾くんは順調にメイン増やしてるね大変喜ばしい。そしてこれまた惰性の猫っ毛ですがトークCDとか何の拷問なのだろう…原作者さんのコメントが痛々しいんだがメイン除いて考えたほうがよろしいでしょうな。あの2人に役に対する拘りとか思い入れとか無いって!トークなんて絶対聴かないほうがええと思うわ

新規で買ったのはとりあえずかんけーしだがまだ聴いていない。原作者があれでしょまほろばデイズの人でしょ。知らなかったのですが、ジャケ裏の受けのケツライン見て分かりました。めちゃくちゃ女みたいな腰周りとプリケツなので特徴的よね。今時は萎える人も居そうですが、おれさまはあまり気にする部位ではない。それより指が女の方が萎えるのでケツはまあどうでもいいですてか受けは可愛ければそれでいい。攻め?ああニッケルさんですか喘ぎ以外特に興味ないわ

てかお次の兄貴を喘がす方法かなんかだっけ、おれさま最推し増長天の中の人ね。イシヤくんがちょうどニッケルみがあった気がするあと日野ちゃま成分も少しかな。イシヤ×木島ですがなかなか宜しかった。原作はテンプレ関係に結構変わったアプローチだったのですが、最後のほう風呂敷畳みきれていない超展開が残念。心の底から嫌ってた気持ちに愛があったのかどうかの判断がつかないので、最後の変わりように説得力が足りてない感じでした。中の人の演技はメイン二人は良い感じだったので、先が気になるというより前作の補完的な意味で次回作を予約してみました。だがスパソニオマエ自体は許していない値段も演出もBGMもすべてがクソだ分かってるな?

相変わらずオカンの演技が酷すぎる。あれは何、Pの愛人かなんかなの?女は脳内構造的に男と違って初めから出来上がってる人多いから、あんなどヘタクソ発掘しなきゃ見つからんレベルだろ。原作からしてそうなら仕方が無いのかもだが、結構包容力とか考え方とかがメイン2人の救いになっているポジションなので、演技はもちろんだが声色からしてお話になってない。声と中身にギャップがありすぎるだろうがなんだそのチャラ声、10代の若造が人生の何たるかを語るのと同じぐらいの違和感辞めろや

ヤり捨て女なら別に構わんが、母ちゃん(年配の女の人)の演技って結構物語に重要なファクターなので、頼むから巧い人連れてきてくれ。それで5000円取るなら文句言わないが、あの仕上がりのモブ使ってトーク込み90分2枚組で樋口さん取ろうとするから叩かれるんだろ分かれよ。新婚さんの円盤(生姜)はきっちり1枚80分でキャストトークミニドラマが特典というとても良心的な仕上がりだぞ。BGMも演出も文句ないし優秀。あそこまでハードル上げる気はないがいい加減場面転換に変なジングル鳴らすのもやめろ、金を取るならそれに準じた仕上がりにしないと消費された原作者と中の人(と搾取されたリスナー)が可哀想、てか馬鹿にすんなってところよこっちは。そういうやり方してるから反社だ何だ言われてしまうんだろうよ

いろんなスタッフを募集してるみたいだけど、悪い事言わないから原作つきは辞めておけ。オリジナルなら多少ウンコでもそういう味で誰も傷つかないんだから、モンブランでAVみたいなシチュエーションの円盤作ってりゃええやんけ。AV制作会社とか変なジングルとか笑わない人魚思い出すけどどっかで繋がってたりしてな;確か昔消えたメーカーサイトのURL辿ったらAVメーカーだったことあった記憶あるし、繋がってたって不思議は無い様に思うんですが今更騒ぐ奴いるんだなと思った案件。ファックどうこうじゃなくて反社なのが問題とか屁理屈こいてたけど、やってる事同じなのにBLが反社に連なっていない根拠が何処にあるんだろうなって

でもモンブランの円盤って、お下劣ではあるんだがわりとセーフセックスに拘っていた印象あるわ。付けられるところではなるべく付ける、そこがまあよけいにAVっぽいんだけど^^;あの業界は深刻だからね、病気

2019年9月27日 (金)

【DMM】仏と円盤 その2

ご無沙汰ですがおれさまです。何をしているかというと仏とどぶのイベント走っています。まあ両方惰性ですが、仏のほうは、一応前回お気に入りだと書いたメンツの特効イベントだったのでそれなりに。とはいえラグナブレイク何たらに比べたらものそいゆるいランキングなので、追い詰められて精神病むとかいう感じは特になく。ゆるくまったり走っています^^

Hotoke1

100位以内には入れれば日光の神通が完凸するのでよろしいでしょう。ビカラちゃんもマコラちゃんもお気に入りなので嬉しいです^^特にビカラちゃんは、天空戦記シュラトに出てきたしなびたオッサンと比べてしまってワラけてしまいますわ。あとはアンテラとサンテラなwww

アシュラなんとかのガチャが来たので回したらねんがんのせーし君を手に入れました!今まで彼を欲しさにいろんなピックアップ回して爆死してたのですが、もう目的は果たしたので後はどうでもいいです!彼を入れると観音のログがいちいち変わるのが良いですね、いない時に神通装備しても特に何も言われなかった気がするのですが、フラグが立つとちゃんと変わるのが芸コマでよろしい^^最初「コレ兄ちゃんのだ」て言われた時は何事かと思いました。文殊と普賢もいちいち変わるの知らなかったので、付け替えたりパーティ一緒にぶち込んだりして遊びました。仏のニコイチはいちいちおもろい

持ってない仏の中の人がほとんどどうでも良いか嫌いかどちらかなので、これからガチャるモチベーションがかなり落ちるのでイベントも控えめになるかしら。今回のアシュラとか鈴達やで?神通強いから1枚引けて助かったけど本体は金貰ってもいらん、悔しかったら千葉進かだいさくよこせや10万ぶっこんだるわ

コレについてはどぶにも言える事なんですけれどねえ。最近の新しい男士たち、運営が声に金かける気がまったくなくてげんなりするのですが。音読さんの次はケンティですよ、何だかなあ若い人でももう少しなんだ、演技が巧い人選んでくれないかしらまあどぶはログ数多くないので巧いもヘタもないのですが、仏の中の人は好き嫌いのみの問題ですが、どぶはそのラインにも立ってないというか;

仏の関係で新しい円盤を数枚買ったのは前回書きましたが、おれさまとしては駒田くん、木島くん、石谷くんあたり?仏のメンツとしてはそこらが当たりかなと思っているのですが。同時にコイツハズレだわと再確認させられたのがケンティです。元々仏には出ていないのでおれさまのテンションが低いのは仕方が無い(何で混ざってるの?的な←マイクかラップかそこらのヤツやろ)のですが、そこは野上くんと同じで前から知ってて、比較的害が無い人かなとは思っていました今までは

そう、今までは。だがしかし枚数聴いてると何だか古い地雷と同じニオイがしてきました。なんていうか溜めと節回しが独特でくどいんだよ…ヤマヤくんとの円盤聴いたときから思っていましたが、この人相手と掛け合わないおれさまが一番苦手なタイプかなと

加えて受け演技が壊滅的だったのもなぁ。モンブランの円盤聴いたんですが、男前受けがあまり好きではないことを差し引いてももう少し何とか出来ないかいろんなものをさ!ていう。処女童貞コンビ30秒さんのファックシーンはほんま神やったのに、何とかさせろよモンブランもよお!リップ音も掛け合いも喘ぎも全てにおいてクソやんけ、まあお相手の駒田くんの喘ぎは結構色っぽかったが、ケンティお前は駄目だ攻めだけやってろ(個人的には攻めもいらん)

後もうひとつ気になる事としては、別にケンティが悪いわけでも何でもないのですが、職場の同僚がこの人の事を「イトケン」と呼称したときおれさまの頭の中が一瞬フリーズしました。おれさまの中でのイトケンはレジェンド伊藤賢治、百歩譲って伊藤健太郎なので、自分より年下の人をイトケンって呼ぶのちょっと嫌やわって言うか呼ばれてる事自体違和感が物凄いです。てなわけでここではケンティ表記ですが、別に上記以外の他意は特にありませんよ

他意がない?嘘つけwwwヲタク業界でレジェンド差し置いてイトケン呼びとか、は??舐めんなよクソが!位は一瞬思いましたよ当然でしょ!おれさまロマサガ信者ですものてか魔界塔士サ・ガからファンレターとか書きましたものwお前だけだ、とか言われそうですが、正直我らの年代なら大なり小なり違和感はあると思うけどね。でも「いとうけんじ」と打ち込むと何故かサジェストにケンティ出てくるんやけどなんか問題でも起こしたのあの人wwwまあここでボロカス書いてる事で何か呼び寄せそうな雰囲気あるので、なおさらケンティでええわ

今どきは「ねんがんの」ネタは知っていてもイトケンの名前を知らない人も増えてるんだろうか;;

駒田くんは別円盤で聞いた時はモブオブモブだったのに、どっかのソシャゲかアニメで人気の出る声色掴んだって感じなのかね?詳しくないので知らないけれども、最初月光さん聴いた時に「お前こんな声やったか?」とビビってしまいましたが、あの声色で喘いだら超エロいからそのままで行って欲しいです。木島くんと石谷くんについては明日届く円盤が楽しみだわーてことで^^またアホな編集してないやろなスパソニさんよ、一時のコミコミ円盤みたいに2枚組90分とか阿漕過ぎるからはよ改めろ

まあそんな訳でどぶの新刀剣にはこれっぽっちの興味も沸かないのですが、まあ太郎さんと蛍丸のレベリングのために適当に里回っています。報酬が江一族になってようやく平野の里から開放されたことは良かったよかった^^

2019年9月18日 (水)

【DMM】仏と円盤

夏バテが酷いおれさまですこんにちは。毎日だるくてウォーキングもままなりません何という悪循環。動けるうちに動いておかないといつか蓑虫になって腐って死ぬんじゃないかっていう恐怖…実際糖尿病の末期とかそんな感じでしょ笑えないわ。一人暮らしは不摂生し放題なので、気をつけられる時に気をつけておかないとって、夏バテというもの自体初体験だったりするんですがね。コレは一人だなんだというよりもう歳です罠

どぶと同じくらいやる事が無い仏さんなんですけれども。これから文アルとかケツみたいにやれること増えていくんかなぁ。それより先にサ終の予感がしなくも無いですが、一応運営がいろいろ動いているようなので機能の追加には期待しています。ていうか何か追加しないと事前登録組とかもうやること無くて詰んでるでしょあのシステム^^;はじめて1週間で既に種がなるのを待つだけってどぶ以上の虚無感にビックリですよ。アンケートにはとにかく天井付けろハゲと書いて送っておきました

どぶなら推し100本育てようってなる(というかそれしかしようが無い)んでしょうが、被りが自動連結される文アルシステムなので、実装分カンストさせたら本気で何やるん?てか何が出来るん?素材を備蓄してガチャれるでも無く、何かやりたくてもできる事がないよね?矢継ぎ早にイベント攻勢とかキャラ追加とかある感じでもないので、人が多い少ないよりゲームとして詰んでる=サ終の予感がひしひしと。掛けた万券分くらいは回収したいんですけれどもどうなるんだろうなあ

そんななか久しぶりに同じようなシステムの文アルにログインしてみましたが、アホみたいにキャラやら庭やら増えててわけが分からなくなり、ケツにも行ってみましたが受け取り箱がパンパンで整理するのが面倒になり萎え。html後のお花をやってみると未だに開花絵が来ていないバンちゃんに特大級の萎えを喰らいましたが、ヤグルマギクさんがレアリティ昇華できるようになっていたのでしときました。ついでに大昔から気になっていたデッドオアアライブやってみました。あのゲームはアクションなのかステルスゲーなのかギャルゲーなのかスポーツゲーなのか分からないままでしたので^^;

結果ギャルどもを育成してフェスで何故かビーチバレーをするという、もうどこら辺がデッドオアアライブ(生か死か)なのか分からないシロモノになっておりました。しかし女体が美しいわ、素晴らしい黄金比なのにこれっぽっちもエロくないという小林まことの裸体のようだ;毎度ランキングの上のほうにいるので気になっていたのもありますが、二次元で抜けない人が手を出してるってところなのかな。フォーカスが乳とか尻とかに偏っているのがめっさ笑えました正直でよろしいわwwwおれさま的には何の訴求力も無いので続ける気はゼロですけれども、あの完成度で野郎の何かが出れば手を出す気はマックスですね。16G積んでもマウスカクカクやで;PC音痴の雌豚どもはスイッチで囚われのパルマやっとけって事かふざけんな

まあおれさまも結局イラストがピンボケする原因がなんなのか分からんままなんですがね;新メインで見るととんでもないピンボケですが、旧メインだとそうでもないので、PC依存なのかも分からない。まあおれさましか見ない絵なので、ブログに貼り付けるよりローカルで見たいとき見ればええやんけってお話にはなるんですけれども。何も生み出せないくせに大口だけ叩く痛々しい女とか思われるより、人並みに描いて塗ってお金を稼いでいますよって事くらいはたまに主張したってええやん?忘れた頃にファンアート貼るくらいで、メインにする気なんてサラサラ無いですからね

おれさまで思い出しましたが、仏の大日さんの曼荼羅ボードをクリックするたびに俺様俺様言うの何とかしてくれませんか^^;この手のゲーム全てに言える事ですが、手に入れて育てればそれなりに皆愛着が出るもんですよね。深みにハマって溺れるとかは無いですが、浅く緩く続けていこうってなる程度には楽しめています^^わりと皆良い子っぽいストーリーもあるのでどぶのキャラよりは感情移入しやすい感じもするし。どぶの回想はあまりにもしょうも無さ過ぎて、キャラコンプしているにも関わらず回想スッカスカですよ見る気もせんわ

で、こうなってくると興味が沸くのが中の人ですよね。どぶの時もそうでしたがBLCDに対する情熱が下火になると、何故か新規の女向けゲーを探しに行くという行為に因果関係があるのか無いのか自覚は無いですが、バタフライエフェクト的な何かが働いているのかもしれないなあ^^最近どうも新作を楽しめなくなってるというか、買う円盤のほとんどが好きでも嫌いでもない野上くん受けに占められていて、実は個人的に末期かなと思い始めていたところだったのですが。今回仏の人たち、マイクか何だかで人気の人たちと一部被っているせいかそこらのノーマーク円盤(主にスパソニ)の数枚に興味をそそられ買ってみました。久しぶりに聴くのが楽しみだったりします

これから先も新作予定にも結構名前が出てる人たちがいるし、仏にかけた万券は今のところ無駄ではなかったなと(ポジティブ)。CDではじめて知るよりも、既に知ってる人たちの方がとっつきやすいんですよねおれさまの場合。CDで知ったといえば上記の野上くんですが、枚数聴いてるわりに何の思い入れも無いがために特に好きにもなれずっていう。フィーくんの新作1枚予約してみましたが、本当に特にコレと言って何ともっていう。祟り神を聴いてみて「帝王がよかった」お前は羊「きーやん久しぶりでお変わりなく」。ファザーファッカー(攻)「俺のまっひー神」、ところで今は「誠一郎くんわりと健気」。ケンカップルは「ムッツリ委員長ハゲ萌え」そしてその全てで野上くんは別にどうでもよかった^^;一応受け萌えで聴いてるわけなのにこの体たらくよ。まあ邪魔にならないのはいい事ですが、1枚くらい萌えるキャラいても良くないか

まあ元々が劣化しもんぬみたいな方向性だからしょうがないのかなあ。原作自体はわりと好きなのが多いだけに、それでここまで萌えられないのはどうしたもんかなって思います。どぶか仏に出てくれればワンチャン?でも元気な音読の人みたいになられても困るしなあ今更かな

ていうか仏におれさまイチオシ小林大紀くんいるんですけど!とっとと呼べよスパソニオラ!モンブランのほうで呼んでるんだからやれんだろ、神尾くんはいろんな場所にチラホラいるのに何でさ??てか神尾くん攻め需要なのかも知れんけどあの人受けの方が色っぽいと思いますけど特に喘ぎが。30秒フンタタ久しぶりに聴いてみてやっぱりあの2人(特に大紀くん)喘ぎが神やで!通常演技ですか?まあそれはどうでもいいじゃん()神尾くんが特に間島みたいだけどアイツはもういないに等しいから問題ないでしょw

2019年8月12日 (月)

【BLCD】おれさまのめくるめくBLファンタジー

7月は新規0枚、8月はそこそこあるもののあまり期待していないの巻。飽きたのかと言えばそんなこともなく、なぜか昔の作品をリピートしまくる日々が続いています。とはいえ昔から聴き倒しているシコ円盤は正直もうええかなって思っていまして、たまに聴くし萌えるけどキャラの属性とかキャストにあんまそそらんかったって言う作品に食指が伸びる模様

例えば最近では三木眞攻めとか?少し前に遙か4をやって、柊のせいにするスレは幻水のひいらぎのせいと引っ掛けてるのかもしかして?とかワケ分からん事をひらめいたりしていましたが、柊に萌えたかと言えばルートさえも手をつけていないという。でもあの人の話を聞かないサイコっぷりは結構好きでして、BLでも三木眞といえばサイコパス結構多かったような、と思いつつ昔の作品を掘っていたのですが

吉原テンテーの天使のヤツ(名前忘れた)は緑川を苛め抜いていた印象しかなかった気がしますがアレサイコだよね。胸糞なので聴き返す気にはとうていならず。次行ったのは「恋のはなし」だっけ、砂原テンテー原作の健ちゃん受け。お話は凄く好きでわりとリピするのものの、健気な健ちゃんにブヒってただけで三木眞と言えばやはりどこかに優しさを置いてきたみたいなやつでした。次に聴いた「顔の無い男」とか、もうサイコパス以外の修飾が思いつかないほどのお手本ですし、おれさまが持ってる円盤この人こんなんばっかなの^^;

優しい男前でなんか無かったかな、と思って選んだのが「あなたと恋に落ちたい」なんとコレは受けが千葉進ですよオクサマ!で、聴いてみたのですが…その、中身がカラッポすぎて最後まで持たなかったぜハニー!聴いてるうちに退屈でしょうがなくなり、せめて平川と千葉進がイチャイチャするところくらいは、と思って頑張ったもののそこまで持ちませんでした;あまりにも内容スカ過ぎて原作誰だよ。コレなら同じ千葉進受けでも「殴る白衣の天使」の方が色々突っ込みどころがあって、ってあの攻め完璧にサイコパスだろ意味無いわという突っ込み待ったなし

チャラ男とかちょっとショタ入ってるのとかもあるにはあるのですが、そういうのに限って内容がうんこ。三木眞でわりと人気のある円盤を探すとどうしても攻めが俺様サイコっていう定番になりがちなのだろうか。「言ノ葉の世界」を今更ながら買ってみたので聴いてみたいと思いますが、なんかこの攻めもワガママだという情報を何処かで聞いた様な記憶^^;おれさまにとって俺様攻めの萌えポインツは、最後に改心するかしないかって部分になるのですが、三木眞って改心しないまま我が道行ってるキャラが多い気がすんのよね。そこが個人的に萎えてるところかな

小説原作が減っている昨今。物足りないので昔に回帰するも、そのスカスカ加減といったら最近の比ではなく。緑川×神石田の大昔の円盤を聴きましたが、あまりにもクソなのでやっぱり最後まで持ちませんでした。よくある学園ショタものでしたが、一体今と何が違うんだろうなぁ;まあ演技がクサいというかくどいというか、そういう部分で聴いてられない感はちょっとあったような気がしますがねえ。今でさえくどいグリリバと石田だし

あとは今の原作つきって、どれだけ話がスカスカテンプレでも「好き」だという最低限のフラグは立ててからファックに突入してるかな。いきなりファック→事後回収も無くはないけれども、まあ気持ち的に納得はさせてもらえる流れ。昔のアホ円盤って本気でやおいを音にしただけというか、不条理やメリバがテーマでないにもかかわらず速攻ファック三こすり半終了とか。オマエそんなん無い方がましやんけ、そりゃ石田や鈴村にAV扱いされますわ(間島は許してない)。最後に一発という黄金率を守ってる作品も多いですが、そこまでの内容が薄い→ファックの内容も薄いという激しい時間の無駄遣い感。やっぱ昔のワンコイン円盤を今のと一緒にしてはいけないな(天丼)カラッポ加減がハンパない!

言うて今のオリジナル円盤が昔のアホ円盤に相当するのかというとそれは違うんですよね。アホ円盤でも背景やキャラ描写が一応原作つきなので興味深く、モブや当て馬に萌えられる可能性。今の一線級のガヤを聴ける、とかいう好事家ならではのアドバンテージがあるにはあります。今のオリジナルの方がファックだけ聴くにはお手軽で萌えれば儲けもの、という捉え方ももちろんアリだと思います。どちらが上とかはありませんし、その時聴きたいものを気分で選べば良いというお話ですが、この2種類同じ括りでは断じてない。ここが重要

今のオリジナルが内容カラッポと言っても、昔のアホ円盤に比べたらファックやキャラ同士の掛け合いに特化しているという意味で大した密度だと思いますわ。とはいえいきなりそれを初心者に持って行くとやっぱ置いてきぼりになるような気はしますが。野郎同士の恋愛とかファックの描写とか、そう言うことに関してよりも、やはり普通の恋愛脳にBLファンタジーって敷居が高いというか。何かワケの分からん世界やなあって興味本位で覗いてみたとして、作品運が悪いとついていけなさ過ぎて突き放された感がすごいんですよね^^;

おれさまが最初に見たのはアニメの学園ヘヴンでしたが、やはりワケが分かりませんでした。恋仲でもないしどちらかが片思いしてるふうでもないのにいきなりそういう雰囲気がおっぱじまってなんだコレはと;別に野郎同士がキスしてようがファックしてようがどちらも女みたいだし見た目キモいとかないので勝手にしてくれなのですが、過程はどうしたコレはAVか?(ゲームで補完すれば過程はそれなりに納得させてもらえましたけれども)

次に見た「お金が無い!」も、初対面の回想で受けが攻めに傘を差し出すのですが、そこから現在に戻っていきなり現れた攻めがビリオンで受けの債権を買い取りファックファック。傘を差し出された後にこの二人には何かがあって(付き合うとかしてて)、きっと受けは記憶が飛んでるかなんかなんだよね?当時普通の恋愛脳しか持っていなかったおれさまはそう信じて疑わなかったわけですけれども。いつまで経ってもその内容が公開されず、受けは戸惑ってるまま半レイプ状態だし意味分からんわって思ってました。今なら当然分かります、そんなものは最初から無いのだと。コレはBLファンタジーなのだと!

つまり攻めはずぶぬれの捨て犬状態の時に傘を差し出されただけで、その後の受けをストークし、借金背負ったと知るや速攻億払って手篭めにする、と。まあ普通の恋愛脳ならなんじゃそれ(失笑)で終わりですわなぁ。でも昔のアホ円盤ってこんなんばっかですやん?ホモだからとかエロがえげつないからだとか、そういうことで一線退いてる奴らばかりじゃないですよね、とは今でも思っています。BLは過程に萌える、といったところでコレではなぁw

が、適応してしまえばそんなの関係ねぇですよ。このめくるめくBLファンタジーのおかげで、どんなアホ円盤でも萌えられる可能性を秘めている。どれだけスカでも脳内補正でエンダァアアアア!ですよ。昔はそう、あなたは恋に落ちたいにもBLファンタジーが発動してたんですよおれさまの中では。最近は歳なのか、それ以外の何かなのか、感度が鈍くなっているのは否めないところですが…

自己補正による目覚めこそがクソ円盤を楽しめるエッセンスですねwつまりBLファンタジーとは、おれさまの中の宇宙である!…宗教っぽくなってきたところで〆ときます

2019年6月 6日 (木)

【BLCD】今更きみが恋に溺れるとか

ipodの容量と戦い始めてから新たな円盤の購入にも消極的なおれさまですこんにちは。まだまだ聴かない作品は数多くあるものの、いざ消してしまうとそれはそれで弊害ありそうでなかなか踏み切れず。豚汁でたまに上から下まで眺めたりはしていますが、もう聴きたいものは聴いちゃったしなという

とあるキッカケで聖闘士星矢の映画?車田漫画人生40年かなんかに作られたキモい3D版を見たくなり、ポチったついでに買ったのがタイトルですわ。先日「きみが恋に堕ちる」の原作をなんとなく読んでいると、そういやスピンオフのほう聴いてねぇやと思いつきました。それこそ堕ちる聴いたときからいつかは聴くかなとは思っていたものの機会がなく、気が付いたら中古がワンコインまで下がっている今、今でしょ!

BLCD業界に貢献したい気持ちはあれど、さすがに小売が在庫抱えている程度の円盤を新品で購入する気は無く。新作を新品で買うこだわりと、廃盤商品の新品をわざわざ探すという行為はイコールではなかろうと思いますので、おれさまは昔から廃盤を中古で買っている事を隠したりしていませんの。まあ萌えて萌えてどうしようもない円盤はあえて2枚目を新品で探したりもしますけれども、少なくとも今回のタイトルはまだ聴いたことがないし聴いても多分そうはならないだろうと思います

お試しですから1枚目だけにしようかと思いましたが連作ですし、きっと1枚目はスピンオフならではの伏線回収に従事してまともに恋愛していないであろうから2枚目も一緒に買ってみました。届いて早速聴いてみたところ、思ったとおり堕ちるの時間軸で受けが何をしてたの書き込みが主でまともに恋愛とかしていませんわ。で、2枚目行くかってなるかと問われたらもうええかなって^^;

おれさま健気受けがツボなので、今作の礼一郎たんね。堕ちるに出てきてるのでどういう野郎かは分かってるから今更とはいうものの、やっぱ主軸に据えられて美味しいキャラじゃないんですよねこういう天然もの。アホの子が可愛いのはせいぜい男子高校生までだろって思うし元からそんな可愛げもねえしで、ゆさぽんの声は良いし昔と違って喘ぎにも萌えるんだけれども、うーん別に震えねえし攻めの陣内さんにはもっと興味ねえわで終了。面白かったんですよでも萌えはあまり無かった

尺の都合か知りませんが気になったところとしては、親友の気持ちが分からないってグルグルしていたのにいざ自分の弓が乱れた時にそれに思い至らんのかと。春さんの気持ちがぶれて弓が荒れた原因分かったやろ、何か思うとこない?て礼一郎に問いただしたいわ。あとは司にコンプ持ってたって言うのはちょっと意外で少し萌えたそんだけ

短めなのでタイトルの「とか」を回収しておきます。5月は愛は金なりを買いました。まあ面白かったですがこちらをリピするなら魔彼かなと。6月はタスク大明神のアレ1枚のみ、7月にいたってはゼロです。恋するインテリジェンスは迷っていましたがやめようかなと。1枚も買うもの無いものの原作の設定からしてあまりそそりもしないので、買ったとしても積むだけだろうなと思いました。同じ流れで買って積んでる祟り神さんと同じく森川社長攻め、そしてハゲ海さんの受けに今更興味が無い。ワキカプナニソレオイシイノ以上QED証明終了

8,9月は個人的にはわりと豊作。なんか野上くんが無双していますが、8月の1枚はその彼が健気っぽい受けをしていそうなのでポチりました。あと原作者の人に若干の興味あり、誠一郎くんの攻めには全くそそらんどうでも良い。フィーくんにおける誠一郎くんの立ち位置ってチョイ悪攻めとかいうどうでもいいポジションでしか無いとしたら、全く救いようがありませんなぁ嘆かわしい

9月は俺のよしつぐ受けこれが全てですが、8.9と連作で出るいとしの猫っ毛…今のLGBT?かなんかのクソブームにでも乗っかるつもりなのかマリンたんは。弱者だなんだ言いますが、同性だろうがなんだろうが他人に恋愛感情を向けられるだけ全然上等、幸せじゃねえかって思いますけれどもねえおれさまなんかは。セクシャルマイノリティとして一緒くたにはされたくないし、被害者意識丸出しの同性愛者に何度か絡まれて鬱陶しいなと思ったのも事実ですし。綺麗ごと抜きでBL好きにLGBT理解者とか居ないと思ってますよ、ホモに葛藤してるところが萌えるとか当事者からしたら殺意レベルじゃないですかね

まあ盛大に話が逸れたところで、あのメゾンな住人たちと脇の2人が好きなのでまあ買いますよ、買いますけれどもさ。最近ハゲ海さんの続編が多発してますけども、うーんことごとく受けばっかなのでまあどうでもええなってところで猫っ毛ですが、これはリバなんですかね。ただでさえ長期連載で中だるみも含めれば、かつ原作者的にもリバは入れてくるでしょうなという予想は出来るところ。まあ初っ端からヤらせてくれないなら受けでもええわみたいに言ってたキャラだしな攻めは

原作未読でもここまで簡単に予想が付くにも拘らず、それにかこつけてこれでもかとリバ憎しを正義と吠える奴らが一定数いるのが鬱陶しい。普段自萎他萌だ何だか抜かして他人の萎えを封殺するくせに、いざリバとなると嫌いが当たり前のような論調。何レスもリバクソカキコが続いて、ほんのひとつこれを煽る奴がいると全員で総叩きって自演でもしてんのかと。押し付けウザいだのなんだの多人数でぶっ叩いてアタシは冷静とか正論ぶってるのイタいんだけれども。多人数でリバ憎しを押し付けてるのはどっちだよ、原作者がリバ大好きなんだつってんだからお前らが読まなきゃいいだけだろ鬱陶しい

二次の流れだと右左が逆なだけで殺し合いがおきるので、まあそういう延長なんだろうかとアタリをつける事は可能ですが、実際リバの何がそこまで憎いのかまったく理解できないおれさまです。原作者が好きなように描いて然るべきなのが一次でしょ、リバろうが何しようが事前タグとか必要ないし、原作者はお前らの萌え製造機じゃねえんだ二次に毒されすぎやろ。まあクソなもん読まされてクソだって言うのは自由ですが、これクソじゃないってヤツにクソでしょ黙れ、押し付けるな!って…リバ萌えるやん?としか思えないおれさまでも、嫌いという性癖をおかしいなんて思いませんが、あの正論ぶったヒステリック論調で全力釣られクマは痛々しいのでスルーを覚えてもらいたい

多々挑発的な物言いを用いていますが、要はリバ嫌いの人たちは繊細なので逆鱗に触れないようにしましょうよって事でね、正直煽るほうも煽るほうだと思いますわ。萌え尺は多いほうが幸せになれるんだし、地雷は少ないほうがいいこれ真理。ショタ嫌いもオヤジ嫌いもそれなりに共存してるのに、リバとなるとどうしてああも醜いんだろうなこの界隈^^;まだまだ新参者のおれさまにはやはり理解に苦しむところではあります。二次読まないしBLの取っ掛かりがゲームだったおれさまは、そりゃリバはあって当然ってなるのが自然だろうよってね。嫌いになるにはそれなりの理由があるのだから、それは慮ってやらねばならぬ

以上超上から目線で〆。そろそろお昼ご飯の支度をします

より以前の記事一覧

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

テルナ様

ビビッタ!死んでしまうとは

  • 「熱砂ノ楽園」応援中!

    「熱砂ノ楽園」応援中!

    「花陰-堕ちた蜜華-」応援中!

    ※変態医者×ユーリ一押し